TAKAKOブログ

いつも、ありがとうございます。

さて、ブライダル業界、昨今、様々な問題を抱え、課題解決へと活発な動きの中に在ります。

 

そんな中、昨年から全国へ向けて活動を広げているセミナーがあります。

ブライトさんの夏目社長が行う「ブライダル法務セミナー」です。

 

内容を見ると、まさに今現在進行形で動いている事ばかりです。

 

ただ、最近具体化している事ばかりではなく、

かなり前から、当たりまえに行われてきたことも、内容に含まれています。

 

取扱いテーマ、興味あります!

と、いうよりもブライダル業界に身を置く限りは、知っている方がよい知識ばかりだと思いました。

 

よって、今回9月4日、広島開催のセミナーへ参加します。

 

 

team LOVE 木脇孝子

 

いつも、ありがとうございます。

 

西日本豪雨のコトを、県外の方にも知っていただきたいので、

 

ブライダルの事ではありませんが少し書きます。

 

 

2018年7月6日、金曜日の夕方から、

 

雨足がさらに強くなり、あちこちで避難勧告が広がり始めました。

 

地元倉敷だけに非ず、

 

岡山、広島、各地で、瞬く間に特別警報に変わりました。

 

 

どこもかしこも関係各社様や、知人友人だらけです。

 

 

そして、あれから17日目の朝です。

 

ボランティア、支援活動を続けながら、

 

同時並行して復興に向けた動きがはじまっています。

 

 

弊社も、支援の形を3つにまとめました。

 

まとめるコトが、やっとできました。

 

 

・【ブライダルフェア勝手に応援】

 

SNSにて、広報活動として、地元ブライダル企業の宣伝を行います。

 

 

・【倉敷の街復興支援】

 

地元チャリティーバザーを通じて、

 

義援金を集め、並行して地元倉敷の観光復興を行います。

 

地産地消の、商品購入に努め推進いたします。

 

 

・【子どもの未来応援】

 

子供たちを支援、応援する団体の後方支援を行う。

 

 

地元倉敷の景色や、住む人々が、

 

以前と変わらない状況状態になるには、

 

まだまだ、かなりの時間がかかります。

 

 

よって、どの支援活動も、長期戦で計画し進めて参ります。

 

 

 

team LOVE 木脇孝子

いつも、ありがとうございます。

 

西日本全域に起きた豪雨被害は、まだまだ酷過ぎる光景がすぐそばにあります。

弊社から、車で5キロ走ると、その光景は胸痛くなるものです。

 

現状として、弊社ができること、木脇孝子個人としてできること、

この二つで、岡山・倉敷の復興に向けて、精いっぱい支援する日々を過ごしております。

 

そんな中、弊社が倉敷所在のため、

関係各社様、及びお客様には、大変ご心配をおかけしました。

 

過分なほどのお気持ちや、ご連絡をいただきました。こころより御礼申し上げます。

研修事業、物販卸事業、どちらも稼働することが出来るまでになりました。

 

物販卸事業は、自社商品ボンボンヒップの、

納品における送付日数だけがまだ今までの様にはできません。

 

「次の日には届く」「時間指定ができる」、等に関しては、もう少し時間がかかると思われます。

ご注文いただいた先様ごとに、配送の状況を丁寧にお調べして対応して参ります。

 

研修事業ブライダルスタイリスト研修は、日延べになった企業様が数社です。

ご連絡を取りながら、先様の状況が整い次第、今まで以上にパワーアップして挑みます。

 

ボンボンヒップのご注文お受けできます!

ブライダルスタイリスト研修お受けできます!引き続き、よろしくお願いいたします!

 

今日できる、精いっぱいの事業活動します!

 

team LOVE 木脇孝子

お取引様各位。

いつも、大変お世話になります。チームラブ代表の木脇でございます。

 

この度、西日本および各地において、大規模な大雨により被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

亡くなられた方々のご冥福と、皆様のご健康と、一日も早い復興をお祈り申し上げます。

 

貴社の事業所、並びに関係の皆様方の、ご家族やご友人は大丈夫でしょうか。

スタッフ一同、貴社のご被害が最小であることとをお祈りいたします。

 

弊社は、岡山県倉敷市内にございますが、

県内外の災害状況により、研修の延期を数件お受けした状況だけにとどまりました。

 

他は、有難いことに支障なく営業を再開しております。

又、豪雨の翌日より、関係各社様はもとより、個人のお客様からも、多大なご心配を賜り、ありがとうございます。

 

心より御礼申し上げます。

ご連絡、ご報告が遅くなり、大変失礼しております。

 

皆様、ご無理をなさらず、長きにわたりご自愛くださいませ。

 

team LOVE 代表 木脇孝子

こんにちは!「ドレスフィッテイング研修」へのお問合せが増えて参りました。

 

規模的な事や、価格や、モニターの件です。

 

丁寧にお答えしながら、SNSへ投稿した、ドレスフィッティング研修スライドショーを見ていただいております。

 

 

プロとして!美しさを、キープするコト。ドレスを、こよなく愛するコト。ドレスを、楽に、美しくお着せするコト。技術研修サイトhttp://teamlove.jp/category/dress-dressing-technic

Team Loveさんの投稿 2018年5月30日水曜日


 

ブログへも添付しますので、よろしければご覧ください。

 

 

この時は、美容師さんが主催して下さいました。

 

よって、美容師さんと、ドレスサロンさんが主な参加者さまでした。

 

 

中には、専門学校の学生さんもいました。

 

そして、その意識の高さに驚いた場面もありました。

 

 

この日の研修は、基本(basic):インナー、パニエ、ドレスの基本着付けを行いました。

 

人数が多かったので、3時間の研修に成りました。

 

 

皆さま、現場にてご活用の事と存じます。

 

次は、応用(advance):様々なドレスデザインへの対応ができる追加技術研修になります。

 

 

ただ今、モニターの件もお問合せ頂いております。

 

順番にお応えしながら、ご予約いただいております。

 

 

現在、7月、8月、オフシーズンを利用してのご予約がいちばん多いです。

 

宜しければ、ご検討くださいませ。

 

ブライダルスタイリスト講師 TAKAKO

 

≪研修お申込み≫

 

お問い合わせ / 資料請求



 

≪参考サイト≫

 

進化するブライダル美容師さんの為のドレスフィッティング術



 

You Tube動画あり!ドレスがキュッとフィットするボンボンヒップ制作現場公開

こんにちは。ホームページを見てくださり、ありがとうございます。

 

ブライダルスタイリストコーチのTAKAKOと申します。

 

 

今や、ネット集客が蔓延しているため、口コミに力を入れる企業が増えています。

 

 

これは、ブライダル業界だけに関わらずです。

 

様々な手法が出てきて、それをやっていると、また新たな手法が出てくる。

 

 

そして、それをやる。

 

この、追いかけっこの様な状況が続いています。

 

 

「良い口コミを増やす」、それを見て聞いて、お客様が増える。

 

でもそれは、わざわざ作られた、良い口コミだったりもします。

 

 

さて、それをどこまで見破る事ができるのでしょうか?

 

お客様の心理はどうなのでしょうか?疑心暗鬼にさせていませんか?

 

 

それならば、信頼から出来上がる「悪い口コミ「0」」を目指しませんか!

 

「悪い口コミ「0」」は、コツコツの努力型です。

 

 

信頼を創りあげるまで、時間と勤勉さが必要です。

 

それでも、「悪い口コミ「0」」になった時点から、足し算の信頼が構築されていきます。

 

 

ゆるやかな曲線の上がり方ですが、ファン心理のお客様の中でお仕事ができあがっていきます。

 

長生きの健康法に似ているかもしれません。

 

 

何が大切なのか、未来を見つめ直すと、自然と答えが出る様にも思います。

 

 

team LOVE 木脇孝子

 

 

≪研修お申込み≫

 

お問い合わせ / 資料請求



 

≪参考サイト≫

 

「新規接客に特化した!ブライダルスタイリスト研修」厄介な事が多い。



 

ブライダルの神様から与えられた役目を遂行中です!

この度、(株)天満屋ホテルズ&リゾーツさんから、講演会の講師としてご依頼をいただき、僭越ながら登壇させていただきました。

 

オファーを頂いたのは、2018年1月。

それから数回の打ち合わせを重ねて、2018年5月13日(日)14:00~、

せとうち児島ホテル9F、パノラマルームにて、瀬戸内を背に開演となりました。

 

スケジュールは、ゆっくりでしたので、特別気忙しくもなく順調に準備ができました。

講演会は2部構成に成っていました。

 

1部:14時~15時講演会。30分のティーサービスタイム。

2部:15時30分~16時30分パネルディスカッション。その後:16時30分~17時質問time。

 

このような構成でした。

ご依頼は、講演講師でしたから1部1時間の講話予定でした。

 

しかし、打合せが進むにつれて・・・。

2部パネルディスカッションの、ファシリテーターもご依頼をいただきました。

 

3人のパネラーが様々な意見を交換する中、その方向性を位置付けていく役目です。

司会者とは、全く違う立ち位置になります。

 

自身の思惑としては、3人のパネラーのキャリアや、

生きざまを深堀しながら、タイトル「仕事楽しんでる?」に結び付けることを目標としました。

 

目的は、会場にお越しの参加者との一体感です!多分、80%は成功だったと存じます。

何故ならば、最後の質問timeがかなり延長されましたから!

 

沢山の学びを得た講演会でした。

参加者の皆さま、共につくりあげてきた皆さま、ありがとうございました。

 

簡単ではありますが、心よりお礼申し上げます。

 

 

2018.5.21 team LOVE 代表 木脇孝子

「ドレスフィッテイング技術研修」概要を下記に記しました。

 

—————————————————————————————–

◇ 基本(basic):インナー、パニエ、ドレスの基本着付け

◇ 応用(advance):様々なドレスデザインへの対応ができる追加技術研修

—————————————————————————————–

 

◆ 研修時間:基本編、応用編、各2時間

※マンツーマントレーニングを含めます。参加人数により時間延長となります。

 

◆ 研修費用:8万円(税別) ◆

※基本編、応用編、参加人数に関わらず同じ

※岡山からの交通費別途必要

※基本編、応用編、同時お申込み、又は同日開催の場合:12万円(税別)

 

 

 ↓  ↓  ↓  ↓  

 

 

◆ A、モニター価格研修費用:5万円(税別) ◆

※基本編のみ対象

※岡山からの交通費別途必要

 

 

◆ B、モニター価格研修費用:10万円(税別) ◆

※基本編+応用編、同日開催対象

※交通費、宿泊費込

 

 

◆ モニター価格対象:5社(5名)様

 

 

 

 

お申込みは、team LOVEお問合せフォームからお願いいたします。

 

team LOVE  代表 木脇孝子

 

ドレス着付けのポイントは幾つかあります。その一部を公開します。

 

公開方法として、資料を、メールにて送付いたしますので、

team LOVEのお問合せフォームからお申込みください。

 

 

お問合せの内容へ、「ドレスフィッテイングテクニック」と、ご記入ください。

 

お問い合わせ / 資料請求



 

お申し込みは、企業様、個人の方、どのポジションの方でも大丈夫です。

お気軽にお申込みいただき、どこよりも早くブライダル現場にてお使いください。

 

 

 

ちなみに、少しだけ確認です。

 

ドレス着付けをされる時、アンダーバストは気にされていますか?

選ばれたドレスと、花嫁様の体は合っていますか?

 

身体に合っていないドレスは、似合っていないはずです。

このあたりの、キーポイントになる、「コトの重要性」も公開します。

 

5社(5名)様のお申込みにて、終了致しますので、お早めにお申し込みください。

 

ブライダルスタイリストコーチ TAKAKO

・2012年7月~2017年7月  目的:優秀な人財づくり

・2017年7月~2017年12月  新カリキュラム変更の準備期間

・2018年1月~新カリキュラム実施

 

これからの目的:「AI時代対応の提案型人間づくり」

専門家としての知識、技術、更に、その応用が求められてきます。

 

通常は、経験値、もしくは洞察力で培ってくる能力さえも、即求められてきます。

ご準備は、早めにすることで、時間をかけただけの効果がでてきます。

 

全国的にも、数少ない研修が、「ブライダルスタイリスト研修」です。

弊社が、始めた当初は、知る限りですが、同じ様な研修を実施している所はありませんでした。

 

現在も、かなり少ないと思います。

ブライダルスタイリスト、ドレスコーディネーター、ドレススタイリスト、花嫁スタイリスト、等、その名称も様々です。

 

ほとんどが、就職前の専門学校にて行われている状況です。

現場のスタイリストに向けた、外部研修制度は、日本中でも数えるほどしかないです。

 

その理由は、需要がないから。求められていないから少ない。

それは、当然ですが、求められていない事が問題です!

 

「学ぶ」「教育を受ける」「教育する」これは、企業内の教育システムでも、もちろん可能です。

 

外部講師がいなくても、先輩たちがいれば、優秀であれば、その教育制度は成り立ちます。

ですが、全てのドレスサロンが、企業内教育が可能でしょうか?

 

無理な時代に突入しています。企業内にて、教える、教育できる人材が減少しています。

 

人材確保が難しい時代に、「学ぶ」「教育を受ける」「教育する」に重きを置かずにいると、

優秀な気づきのある人材は困窮した現場から更に減少します。

 

早めの危機対策をおススメします。

現場に求められ、カリキュラム変更を致しました。

 

ブライダルスタイリストコーチTAKAKO