TAKAKOブログ

【ブライダル業界の皆さまへ】

 

 

「お客様との感動時空間の全てが!

 

ブライダル仕事人のエネルギーを創る!」

 

 

これは、たとえほんの数カ月でも、

 

ブライダルの仕事に、従事した方ならご理解いただけるハズです。

 


 

「結婚」 「ブライダル」 「ウエディング」

 

そのものが、エネルギーを持ち合わせています。

 

 

よって、その仕事場、

 

ブライダルの現場は、あたりまえに人間力が形成されます。

 

また、「人間力」 を、求められる現場でもあります。

 

 

 

この業界にて、30年になります。

 

組織へ所属していたのが、22年。 独立して、7年です。

 

 

 

サラリーマンを経て、独立したのですが、

 

組織から離れて、気づかされたことがあります。

 

それも、まわりの方々が、その大事な事に気づかせてくれました。

 

 

 

「気くばり・心くばり・目くばり」 が、素晴らしい!

 

 

 

この様に、褒めていただくことが、よくよくあります。

 

自分では、あたり前にやっている事です。

 

あたり前に、ブライダルの仕事でやって来たことです。

 


 

 

サラリーマンを辞めて、

 

同じブライダル業界にて、講師業をはじめて7年です。

 

独立してから、ブライダル業界以外の方々とかかわる事がふえました。

 

 

 

それまでは、様々なコトが組織内、又は業界内で完結しました。

 

よって、業界外の方々と、

 

かかわる事がほぼ無い状況で、仕事に邁進する日々でした。

 

 

 

それでも、ブライダルが元々持っているエネルギーと、

 

日々の仕事により、それなりに人間力が形成されてきたと思います。

 

 

その結果です! 仕事が、私をつくってくれました。

 

 

ブライダル業に携わった人ならば、

 

ほぼ、「気くばり・心くばり・目くばり」は、毎日の事です。

 

合せて、サプライズごころは、クセになっているくらいいつものことです。

 

 

 

独立して、

 

この言葉をいただいたり、誉めていただく時、実は少しだけ不思議でした。

 

もちろん、嬉しいです! 有難いです!

 

ですが、その場面で、特別な事をしている感覚はありません。

 

 

あたり前に、思考がはたらきはじめます。

 

 

 

経験の中から、ひとつお話しします。

 

ブライダルの仕事について、現場を任される立場になりはじめたころの事です。

 

あるコンサルティングの先生からいただいた一言があります。

 

 

 

「お客様の、三手先、三歩先をよむ力をつけなさい」

 

 

 

私には、この言葉が、現場力の形成へ役立ちました。

 

「なるほど!」 とても、納得したので、素直に取り組みました。

 

 

婚礼の日、お客様が入られた時から、お帰りになるまで。

 

 

終始、目の前のお客様の

 

「三手先、三歩先をよむ」ことを行います。

 


 

これが、挙式、披露宴になると、大勢のゲストの方がいます。

 

現場に立つときは、

 

大勢のゲストの方々に対しても、三手先、三歩先をよみ動きます。

 

 

 

気持ちを込めて、いつも、いつもこれをやっていると、

 

それが、「気くばり・心くばり・目くばり」へとつながります。

 

気持ちを込めないと、三手先、三歩先はよめません。

 

 

 

ブライダルの仕事とは、

 

 

「気くばり・心くばり・目くばり」が、特別ではないあたり前になる仕事です。

 

独立して、その事を誉めていただくたびに、いい仕事に巡り合ったと嬉しくなります。

 

 

 

すこし独特な業界かもしれません。

 

様々、業界内にて完結するので閉鎖的でもあります。

 

 

 

どの立場になっても、

 

現場プレイヤーだらけですから、それなりに個性もめだちます。

 

きわめて、他の仕事とは違う特性もあります。

 

 

 

長年、この業界で育てて頂いて

 

ひとつだけ、自信を持って言えるのは、

 

「気くばり・心くばり・目くばり」

 

この力を、持ち合わせた、人間力が育つ仕事です。

 

 

 

現在、時代の流れの中で、

 

さまざま厳しい業界ではありますが、厳しさの中で続けることに魅力を感じています。

 

 

 

ブライダルスタイリストコーチTAKAKO

 

 

《研修お申込み》

 

お問い合わせ / 資料請求



 

《よく読まれているサイト》

 

花嫁ドレス選び、2着のウエディングドレスを選びたくなったら!どうしますか?



 

ブライダルの仕事、辞めたくなったら、辞めちゃう前に!ひとつだけやる事がある。

【講師業の皆さまへ】

 

【ドレスサロン、お衣裳店経営者様へ】

 

 

 

「ブライダルスタイリスト研修外部講師は嫌われ役でOK!」

 

 

 

いつも、ありがとうございます。

 

一部追記いたしました。(2018.10.27付)

 

 

 

ブライダルスタイリスト研修の、ご依頼が最近増えて参りました。

 

業界において、

 

例年、7月、8月は、少しだけOFFになります。

 

1月、2月、3月も、同じくです。

 

 

ブライダルスタイリスト研修



 

 

よって、その間に

 

「学び」 = 「研修」 

 

↑ = (秋、春のブライダルシーズンに備える)

 

この様な計画で、育成研修計画を、予定する企業様が増えてます。

 

 

 

 

そして、その研修は、ヒヤリングからはじまります。

 

結婚式場、お衣裳店代表さまの、

 

育成に対するご意向を、お聞きする事からスタートします。

 

 

 

内容もさることながら、

 

「厳しく!」という、ご意向を多くいただきます。

 

 

 

社内研修だけでは、厳しさが足りない!とお考えです。

 

確かに、私自身も

 

組織勤務にて、

 

社内研修をしていた時のコトを思いかえすと理解できます。

 

 


 

 

かなり、厳しくしていたつもりでも、つもりだけになってしまう。

 

それは、「厳しさ」に、日常業務に関する様々な感情が介入するので、

 

どこかで、妥協してしまったり、

 

ストップをかけてしまいがちです。

 

 

 

毎日、共に仕事をする仲間でもあるので、

 

「楽しく仕事をしたい!」

 

その、「楽しく!」、だけを表に出してしまう。

 

「楽しく仕事をしたい!」 「厳しくしなければ!」

 

この二つの感情が、

 

どこかで交差する現場が、とても多くみられます。

 

 

 

私も、組織にいたころ・・・

 

「厳しさ」やノルマが、しんどくて、退職の道を選ぶ

 

そんなスタッフが続いた時、

 

 

あの時・・・、あのことが・・・

 

 

「厳しすぎたのだろうか・・・?」

 

と、考え込んだことがありました。

 

 

 

上司も、経営者も、「人」 ですから。

 

二つの感情は、誰にでも、

 

起こりうる状況のひとつだと理解しております。

 

 

 

そして、今、ブライダルスタイリストコーチとして、

 

企業体質を理解したうえで、

 

とても厳しい、「笑わない!外部講師」 をしております。

 

 

 

よって、弊社の

 

ブライダルスタイリスト研修は、かなり厳しいです。

 

何故ならば、笑っていて

 

売上が上がるほど、世間は甘くないからです。

 

 

 

仕事場において、コミュニケーションのために笑顔は必要です。

 

ですが、そのコミュニケーションも、

 

仕事に活かされる目的を持つことが肝心です。

 

 


 

 

売上を上げたいならば、自ら自分を鍛えてください。

 

トレーニング方法は、

 

売上を上げる為の

 

「新規接客に特化した!ブライダルスタイリスト研修」

 

 ↑ こちらの、研修内容に含まれています。

 

 

 

いつか、お会いできる機会を期待しております。

 

 

ブライダルスタイリストコーチ TAKAKO

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

=まとめ=

 

ここまで読んで下さったあなたは

 

現場の、ブライダルスタイリストの接客力について

 

一部ですけど、知ることが出来たのではないでしょうか。

 

 

企業の顔となる、ブライダルスタイリストの

 

新規接客力を強化するためには

 

新規接客の為の、具体的な技術や知識が必要となります。

 

 

自社内での教育に限界がでてくれば

 

有効な策となるのが、外部講師による社員教育の利用です。

 

 

今回の記事が、新規接客を契約に繋ぐ為の

 

御社の参考になれば幸いです。

 

 

本日も、お読みいただきありがとうございます。

 

 

《研修お申込み》

 

お問い合わせ / 資料請求



 

よく読まれている参考サイト》

 

進化を続ける「ブライダルスタイリスト研修10のカテゴリー」



 

「新規接客に特化した!ブライダルスタイリスト研修」厄介な事が多い。



 

2019.売上を上げる為の「新規接客に特化した!ブライダルスタイリスト研修」

【ブライダル企業経営者様へ】

 

 

「ブライダル新規接客が怖いのは誰のせいでもない!

 

ただ、的確な接客と話法を学ぶ場が少なすぎるから」

 

 

ブライダル業界へ身をおき、30年ほどたちます。

 

業界の変化を見て聞いて、体感して参りました。

 

 

どの時代においても、「新規接客が怖い」このフレーズは存在しました。

 

 

それは、ブライダルバブルの時でさえそうでした。

 


 

怖さの種類が、幾つかあります。

 

 

・初めてだから怖い

 

・自分より、とても年上だから怖い

 

・ノルマの、プレッシャーがあるから怖い

 

・同僚、部下と比べられるから怖い

 

・苦手な接客内容の、お客さまだから怖い

 

・最近、契約決定率が悪いから怖い

 

・自分とは合わないお客様が、いるコトがわかったから怖い

 

・こだわりが、強いお客さまだと聞いたから怖い

 

・人気のドレスが、既に決まっているから見せるドレスが無くて怖い

 

・高額契約が、見込めるセレブな方だから怖い

 

 

「怖い」 その理由づけをさがすと、たくさんあります。

 

きっと、現場の声は、もっとあるかもしれません。

 

 

では、これらの「新規接客が怖い」理由は、本当なのでしょうか?

 

 

きっと!本当です。

 

 

ですが、理由はたったひとつに集約されます。

 

様々、未熟だからです。

 

自信の無さから生まれている怖さです。

 

 

企業様から、研修のご依頼を受けて、

 

実施する時、参加のスタッフさんへお聞きする時があります。

 

「新規接客が怖い人?手をあげてみてください!」

 

すると、おそるおそる数人の手が上がります。

 

 

素直に、自分の未熟さを認めるコトができるスタッフさんです。

 

偉い!!!です。

 

 

数人の手があがると言うコトは、

 

全員が、「新規接客が怖い」と言うコトとおなじです。

 

 

そもそも、研修のご依頼があったことが、「新規接客が怖い」という現れです。

 

 

そして、これは・・・

 

ブライダル業界だけではなく、かなり優秀な方でも同じです。

 

 

技術とは、幾ら重ねても、誰だってまだまだと思うものです。

 

逆に、まだまだと思う方の方が、伸びていきます。

 

 

学ぶ姿勢が、前のめりだからです。

 

学ぶ姿勢が、素直だからです。

 

 

時代にあった、的確な技術さえ身につければ、

 

「新規接客が怖い」は、軽減されます。

 

 

軽減だけではなく、

 

研修後、「新規接客を早くしたい!」に変化してきます。

 

ドレス迷子 ブライダル業界 ドレスコーディネーター ブライダルスタイリストコーチ ドレススタイリスト ウエディングドレススタイリスト ウエディングドレス 講師 ウエディングプランナー 花嫁 結婚式 ブライダル ウエディング wedding Bridal 結婚式場 ドレスサロン 花嫁衣裳

ブライダルスタイリストコーチ



 

自信がつく、前段階ではありますが、自分を試してみたくなります。

 

 

研修後すぐには、試して失敗するかもしれません!

 

それでも!

 

アウトプットと、インプットを重ねることで、自分の技術として固まってきます。

 

 

その数と質が、「自信」を創りあげます。

 

努力が、必要なコトは言うまでもありませんが、

 

努力したくなる、又は努力が普通になります。

 

 

先ずは、リーダーが現場を知り、

 

深く理解して、適切な判断をお願いしたいです。

 

 

リーダーの成りたい形を、

 

夢を、目的を、共につくりあげてくれるのがスタッフさんですから。

 

 

 

ブライダルスタイリストコーチTAKAKO

 

 

《研修お申込み》

 

お問い合わせ / 資料請求



 

《よく読まれているサイト》

 

気になるブライダルスタイリスト研修後のアンケート一部公開!



 

ブライダルスタイリストの魅力としんどさは体力の有無で決まる!

【ブライダルスタイリストの皆さまへ】

 

【ブライダル企業代表者の方々へ】

 

 

「気になるブライダルスタイリスト研修後のアンケート一部公開!」

 

 

毎回、研修後に「今日のご感想」をお願いしております。

 

その中から、一部抜粋いたしました。

 

 

参加スタッフ様の、一生懸命な様子がよくわかります。

 

ぜひ、読んでください。

 

 

「Q&A」は、

 

「6つのクエスチョン+1つの自由記載メッセージ欄」で構成されています。

 

 

 

Q1).本日の講習会にて、一番の成果(収穫)はなんでしたか?

 

Q2).知識として、初めて知ったことを教えてください。

 

Q3).技術として、「これは使える!」と、

 

思ったことをひとつでも、二つでも教えてください。

 

Q4).講習にて、もっと聞きたかったことを、ひとつだけ教えてください。

 

Q5).実技にて、もっと知りたかったことを、ひとつだけ教えてください。

 

Q6).本日の講習を受講して、ご自分の変化を教えてください。

 

Q7).忌憚なきご意見を、なんでもご自由に書いてください。

 

 

 

これら、7項目へ、いつもびっしりとご記入くださいます。

 

ブライダルスタイリスト研修



 

書いてくださった内容を、各カテゴリーごとに二つだけ抜粋しました。

 

 

 

A1).本日の講習会にて、一番の成果(収穫)はなんでしたか?

 

・初めてお客様とお会いした瞬間に、

 

3つのドレスが、イメージとして浮かぶようにトレーニングすることです。

 

クロージングについて学べたことです。

 

 

A2).知識として、初めて知ったことを教えてください。

 

・ヒアリングについてです。今まで、自分は傾聴しかしてなかったなと実感しました。

 

・クロージングには、3要素があると言うコトです。

 

 

A3).技術として、「これは使える!」と、

 

思ったことをひとつでも、二つでも教えてください。

 

・販売商品を、売るための提案方法です。

 

・パニエの着け方や、ドレスを選ぶときに消去法と加点法を使い分ける事です。

 

 

A4).講習にて、もっと聞きたかったことを、ひとつだけ教えてください。

 

・お母様と、新婦様の意見が合わなかったときはどうしたらいいでしょうか?

 

接客話法について、もっと知りたかったです。

 

 

A5).実技にて、もっと知りたかったことを、ひとつだけ教えてください。

 

・メンズの接客について、コーディネートとスタイリングをもっと知りたいと思いました。

 

・小物合せで、使える技をもっと知りたいです。先生の技をもっと見てみたいです。

 

 

A6).本日の講習を受講して、ご自分の変化を教えてください。

 

・しっかり目標を定めて、接客するようになったことです。

 

“心で想うことも丁寧語で”ということが、とても心に残ったので実践しようと思います。

 

 

A7).忌憚なきご意見を、なんでもご自由に書いてください。

 

・いろんな面で、分かっていたつもりで実は間違っていた

 

気づかされる部分が、多々あったので本当にためになりました。

 

もっともっと、自分を磨いていきたいと思いました。

 

・熱いご指導、ありがとうございました。

 

ひとつひとつの項目が、心に響いてきました。

 

講習会の次の日から、同期で残ってドレス紹介を練習したり、

 

先輩が説明しているところを、以前より耳をしっかりと傾ける様に意識しています。

 

 

 

一部抜粋、以上です。

 

 

 

この様に、A4用紙を埋め尽くすように書かれた

 

「今日のご感想」が、手元に届くといつも同じことを感じます。

 

 

人を向上させるのは、キャリアではなく、「前のめりの学ぶ姿勢!」

 


 

プラス、インプットとアウトプットを重ねた回数です。

 

それは、人生の中で、努力のたまものと成ります。

 

 

 

ひとりでも多くのブライダルスタイリストが輝くことを願って!

 

 

 

この研修は、続けるべきteam LOVEの役目です。

 

 

ブライダルスタイリストコーチTAKAKO

 

 

 

《研修お申込み》

 

お問い合わせ / 資料請求



 

《よく読まれているサイト》

 

ブライダルスタイリスト「研修講師の目的」は「受講スタッフの目的」を超える!



 

ブライダル以外の接客でも使いたくなる!心に響く5つのブライダル言葉はこれです!

【ボンボンヒップを応援下さる方々へ】

 

【ボンボンヒップへ興味をお持ちの方々へ】

 

 

「「ものづくり」ボンボンヒップはこだわり過ぎなのかも・・・!?」

 

「こだわり商品」 とは、どの様な商品をさすのでしょうか?

 

初めての、「ものづくり」それが、ボンボンヒップです。

 

 

そして、その商品が世の中に無い商品と言うコトで、

 

実用新案登録権を、商標登録権を取得することができました。

 

 

そして、あれよあれよと言う間に、全国区のTV東京にてご紹介頂きました。

 

その延長線上に、TV東京WBS2017トレたま「大江、大浜賞」受賞。

 

光栄過ぎるほどの、奇跡の様な場面まで頂戴いたしました。

 

 

ありがとうございます。

 

 

何が作用して、このような道を進むことが出来たのか、

 

いまだ解明はできませんが、

 

ひとつだけ自信を持って言える事は、商品へはトコトンこだわりました。

 

Bon bon hip



 

作り手さん達には、とてもご迷惑をお掛けしたと思います。

 

ボンボンヒップを手にして下さる

 

お客さまの事を思うと、何一つとして妥協はできませんでした。

 

 

そのこだわりのひとつひとつは、

 

だいたいで進めても、

 

だいたいで製作しても、黙っていたらわからないことかもしれません。

 

 

「でも、違う!」 「やっぱり、違う!」

 

 

そんな風に、心が叫ぶと、その気持ちを隠す事はできません。

 

 

そのこだわりの、一部を書きます。

 

 

《商品資材へのこだわり》

 

・7つの商品資材は、ひとつひとつあらゆる資材を集め吟味しました。

 

すべり止め素材(一社限定)、

 


 

ハードチュール(一社限定)、

 

縁取りテープ(光沢感のある汚れにくい素材)、

 

糸(素材との相性を重視)、

 

マジックテープAB(いちばん強力なA面B面の組合せ)、

 

ゴムテープ(柔らかい肌触りと丈夫さ)、

 


 

Zカン(いちばんはずれにくい形とサイズ)、

 

 

《縫製へのこだわり》

 

・出来上がり寸法誤差5ミリ以内と、縫い目の継ぎ目なしにて仕上げています。

 


 

 

《梱包へのこだわり》

 

・商品開封の瞬間に笑顔になる収め方と、ラッピングを吟味しました。

 


 

 

《納品同封資料》

 

・お客様が困らない様に、

 

ご説明文・パンフレット・着付け方のコツ

 

これらを分かりやすく作り、丁寧に同封しております。

 

 

《納品日へのこだわり》

 

・納品ご希望日にできるだけ合わせます。

 

・吉日を選んで宅配便にて発送しております。

 

 

縫製先からは、

 

「そこまでこだわりますか?」 「クオリティーがかなり高いです!」

 

その声とともに、大変な手間をおかけしています。

 

 

それでも、小さなこだわりにお付き合い下さり、丁寧なお仕事をしてくださいます。

 

 

ありがとうございます。

 

 

どれもこれも、もしかしたらこだわり過ぎなのかもしれません。

 

ですが、変わることなくこのまま続けます。

 

 

ボンボンヒップへの想いと合わせて、

 

こだわり続けることをお約束いたします。

 

 

team LOVE 木脇孝子

 

 

《BASE購入サイト》

 

https://shop.teamlove.jp/

 

《よく読まれているブログ》

 

【BASE Mag.】ボンボンヒップがアクセスランキング1位って!ホントなの!?



 

「走れる!?花嫁」ボンボンヒップ着付け手順公開写真付

【ネットショップBASEファンの皆さまへ】

 

【ボンボンヒップを応援下さる皆さまへ】

 

 

「【BASE Mag.】ボンボンヒップが、アクセスランキング1位って!ホントなの!?

 

 

本当でした!

 

 


 

 

ただ、一日だけでした。 (下の、アイフォン画像)

 

次の日は、アクセスランキング5位でした。 (上の、PC画像)

 

 

そして、最近のBASEサイトが、どの様な動きなのか少し書きます。

 

BASEの開設店舗数は、2018年4月50万店舗を越えた。

 

直近一年間で、ネットショップを開設した際に利用した

 

ネットショップ作成サービスとして、シェア81.4%、1位を獲得している。

 

 

また、BASEのショップ開設数の、都道府県ランキングも公開されている。

 

わが街、岡山県は16位です。

 

思っていたよりも上位に、位置していました。

 

利用者が多いと言うコトは、知っている方が多いと言うコトなので心強いです。

 

 

ちなみに! 1位~5位

 

 

1位、東京都。 2位、沖縄県。

 

3位、大阪府。 4位、京都府。 5位、神奈川県。

 

 

実は、ネットショップBASEへ、

 

ボンボンヒップの店舗を開設したのは、

 

2017年12月25日、TV東京WBS2017トレたま、

 

「大江、大浜賞」の、受賞がきっかけとなりました。

 

 

受賞後、年が明けて、

 

2018年2月から、自社管理のネットショップを、BASEにて立ち上げました。

 

Bon bon hip



 

また、ネットショップとは別に、

 

ご紹介からの販売が、実績を積んできておりましたので、

 

BASEの、管理運営に、本格的に着手したのは、2018年8月からです。

 

 

そして、3ヶ月もしないうちに、BASE Mag.にて、

 

ボンボンヒップが、アクセスランキング1位になり、びっくりしました。

 

 

これからが、とても楽しみです!

 

 

同時に、BASEさんから、応援いただいている様にも感じました。

 

次回は、「スタッフのピックアップ」へも、記事が掲載されるようにがんばります!

 


 

現在、team LOVEの店舗には、アイテムとして

 

ボンボンヒップのみですが、新しい商品も生みだして参ります。

 

今後、「安心」をつくる、ブライダルブランドとして、構築していく計画です。

 

 

引き続き、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

team LOVE 木脇孝子

 

 

《BASE購入サイト》

https://shop.teamlove.jp/

 

《よく読まれているブログ》

 

TV東京WBS「トレたま」出演のきっかけになったギフトショー動画



 

「走れる!?花嫁」ボンボンヒップ着付け手順公開写真付

【商品購入サイトの偽サイトが発見されました】

 

 

皆さまへお知らせです。

 

ボンボンヒップを、購入できる正規サイトは下記のサイトです。

 

ご確認よろしくお願い申し上げます。

 

 

① BASE:https://shop.teamlove.jp/

 

サイト管理 【team LOVE】

 

 

② 楽天:https://item.rakuten.co.jp/dressendress/dd-bbh-1/

 

サイト管理 【株式会社ジンジャーワークスドレスアンドレス事業部】

 

 

③ ヤフー:https://store.shopping.yahoo.co.jp/okayama-styleshop/

 

楽天:https://www.rakuten.co.jp/okayama-harumido/

 

サイト管理 【株式会社Orb晴実堂】

 

 

 

こちら以外での、ご注文をされませんようお気を付けください。

 

この度の、偽サイトに関して、下記対応を行いました。

 

 

・Googleへ、申し立ていたしました。(Googleの著作権侵害申し立て)

 

・インターネット・ホットラインセンターへ、状況を知らせました。

 

・ウェブマスターへ、グーグルを通じて知らせました。

 

 

尚、偽サイトでは、商品内容を画像も含めそのままコピーされています。

 

価格だけが、極端に安く記載されています。

 

どうぞ、ご注意くださいませ。

 

 

team LOVE 木脇

(2019年4月17日、追記)

 

【ブライダルスタイリストの皆さまへ】

 

【ブライダル業界研修講師の皆さまへ】

 

 

「ブライダルスタイリスト研修|

 

講師の目的は受講スタッフの目的を超えて欲しい!」

 

 

 

ブライダル業界研修

 

 

ブライダル業界には、たくさんの講師の方々がいらっしゃいます。

 

 

「業界を何とかしなければ!」

 

「このままではいけない!」

 

 

そんな熱い想いから、講師業をされているのだと存じます。

 

 

講師業をこえて、コンサルティング、

 

外部相談役としてもご活躍の方々ばかりです。

 

 

だからこそ、

 

「講師の目的は受講スタッフの目的を超えて欲しい!」

 

と、強く思いました!

 

 


 

 

ブライダル業界、研修講師の方々の熱い想いは、

 

「受講スタッフの目的」

 

「企業の目的」

 

これらを達成してこそ、

 

「研修講師の目的」が、達成されるものです。

 

そして、尚且つ、更に上の目的へ向かい達成して欲しいです。

 

 

それは、「ブライダル業界の未来育成」です。

 

 

では! 少し戻って!

 

 

 

 

「受講スタッフの目的」「企業の目的」

 

 

目的は、同じなのでしょうか?

 

企業と、スタッフさんの目的意識は同じでしょうか?

 

 

同じであるならば、よい相乗効果生まれてきます。

 

違っていたら、なんてもったいない時間でしょう!

 

 


 

 

先ずは、企業さま、参加スタッフさま

 

誰の、どのような研修であれ、同じ目的意識でお願いいたします。

 

 

 

 

そして、ココからが大切!

 

 

どのような研修も、学んで終わりではありません。

 

学んだ後の、計画実行達成がとても重要になります。

 

 


 

 

・Plan(計画)

 

・Do(実行)

 

・Check(評価)

 

・Action(改善)

 

 

 

この繰り返しが、企業とスタッフの成長へ繋がります。

 

研修の全てを、「PDCAサイクル」と、組合せながら、

 

人財を、創りあげていくことが肝要かと存じます。

 

 

 

勝手ながら、再度申し上げます。

 

研修前に、企業と、スタッフの間で、

 

同じ意識になっていることをお願いします。

 

 

同じ目的意識+「PDCAサイクル」活用

 

この ↑ 

 

基本があってこそ、違う目的も持つことが有効となります。

 

 

 

 

企業と、スタッフが、それぞれ違う目的を持つこと

 

 

先ずは、同じ目的を持つ、

 

そして、違う目的を持つ、

 

研修前に、「同じ目的」「違う目的」

 

これらを共有しておくと、「前のめり姿勢」がうまれます

 

 

 

 

再度!研修講師の目的とは?

 

 

「ブライダル業界の未来育成」

 

僭越ながら、そのように思っております。

 

 


 

 

 

 

最後に、自社研修の紹介

 

 

売上を上げる為の

 

「新規接客に特化した!ブライダルスタイリスト研修」

 

 

この内容は、新人さんには少し難しいかもしれません。

 

 

2年目以上の現場経験の方々が、

 

納得しながら、受講できるカリキュラムになっています。

 

 

幹部研修内容も、一部含まれています

 

 

何故ならば、目的が、売上を上げる為ですから、

 

「売上を上げる意識」を常に持って頂く事が肝心です。

 

 


 

 

実技研修50%。座学50%の割合です。

 

真剣に取り組まないと、もったいないです。

 

 

基礎でありながら、応用部分も加味しています。

 

ブライダルスタイリストの仕事は、その必要性あります。

 

知識・技術・心の体力を必要とします。

 

 

知識は、広範囲に必要です。

 

技術は、ブライダルスタイリスト独特のモノが要ります。

 

心の体力は、常に必要とされます。

 

 

「knowledge+skill+mind」

 

これらを、総合的に組み入れております。

 

 

スタッフさまが、今以上に売上をあげる事ができる。

 

力量を、おつけします。

 

 

「knowledge+skill+mind」

 

この組み合わせた、独自のカリキュラムです。

 

 

目的とは、「出会った他が為に持つもの」

 

目的とは、「ブライダル業界の未来育成」

 

 

最後まで、読んでくださり、ありがとうございます。

 

 

 

ブライダルスタイリストコーチTAKAKO

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

=まとめ=

 

 

ここまで読んで下さったあなたは

 

現場の、ブライダルスタイリストについて

 

一部ですけど、知ることが出来たのではないでしょうか。

 

 

企業の顔となる、ブライダルスタイリストの力を強化するためには

 

新規接客の為の、具体的な技術や知識が必要となります。

 

 

自社内での教育に限界がでてくれば

 

有効な策となるのが、外部講師による社員教育の利用です。

 

 

今回の記事が、新規接客を契約に繋ぐ為の

 

御社の参考になれば幸いです。

 

 

本日も、お読みいただきありがとうございます。

 

 

【研修お申込み】 【お問合せ】 ↓ ↓ ↓

 

お問い合わせ / 資料請求



 

 

よく読まれている、人気のブログはこちらです。 ↓ ↓ ↓

 

ブライダル以外の接客でも使いたくなる!心に響く5つのブライダル言葉はこれです!



 

ブライダルの仕事、辞めたくなったら、辞めちゃう前に!ひとつだけやる事がある。



 

2019.売上を上げる為の「新規接客に特化した!ブライダルスタイリスト研修」



 

 

【ブライダルスタイリストの皆さまへ】

 

【接客会話へ苦手意識がある方々へ】

 

 

「ブライダル以外の接客でも使いたくなる!

 

心に響く5つのブライダル言葉はこれです!」

 

 

言葉の、大切さをお伝えしたいと思いました。

 

 

ブライダルだからこそ、接客で使う言葉に、

 

心に響く、「言葉の力」が含まれています。

 

 

例えば・・・

 

 

「おめでとうございます」

 

「ありがとうございます」

 

「一生に一度」

 

「お幸せに」

 

「お二人にとって」

 

 

この5つは、とても頻繁に使われるブライダル言葉です。

 

 

ですから、20代のスタッフさんも、60代のスタッフさんも、あたりまえに使います。

 

もちろん、お客様とご一緒する時は、キャリアも関係ありませんので、

 

入社間もないスタッフも、ベテランも、この5つ言葉は普段からよく使います。

 

 

「おめでとうございます」 は、こんな時です。

 

・初めてのご来店時

 

・ご両親にお会いした時

 

・挙式当日

 

・挙式終了後

 

 

「ありがとうございます」 は、こんな時です。

 

・初めてのご来店から、交流が続く限り

 

 

「一生に一度」  は、こんな時です。

 

・初めてのご来店から、会話のところどころにて

 

 

「お幸せに」  は、こんな時です。

 

・挙式当日から、交流が続く限り

 

 

「お二人にとって」  は、こんな時です。

 

・初めてのご来店から、交流が続く限り

 

 


 

 

このような場面にて、当たり前のように使う言葉ばかりです。

 

ブライダル言葉に、「言葉の力」が存在するのは、

 

「心に響くのは」、使う頻度が多いからだけでは無いです。

 

 

これらの言葉を使う場面が、まさにピッタリの場面ばかりだからです。

 

 


 

 

言葉と場面が一致すると、

 

その言葉には、強さが現れ、心に響きやすくなります。

 

 

そして、この「言葉の力」を持つ、

 

ブライダル言葉は、ブライダル以外の場面でも使えます!

 

 

何故ならば、どの言葉も「相手を想う言葉」だからです。

 

幸せの瞬間



 

ぜひ、使い方を考えてみてください。

 

 

「心に響くには!」 「言葉の力とは?」 

 

この2つを、しっかりと考えてみてください。

 

 

追加です!

 

 

ブライダル言葉と合せて、「言葉の力」を、高める方法をもうひとつお伝えします。

 

 

唇から発する「言葉」 = こころで想う「言葉」

 

 

何かを、誰かを、心の中で想う時、その「言葉」を、どうぞ丁寧語で話してみてください。

 

先ずは、日常的に考えていることのひとつひとつから。

 

ようは、ひとり言も丁寧語で話す!です。

 

 

自分に語りかける時も、もちろん!丁寧語でどうぞ!

 

 

日本には、尊敬語、謙譲語、丁寧語と言う、言葉の働きを区分する指標があります。

 

ですが、分かりにくいと感じる方が多くいらっしゃいます。

 

 

もっと!簡単に考えてみてください。

 

 

言葉は、日常です。習慣の中に存在します。

 

お相手を想う、丁寧語が一番良いです。

 

先ずは、ひとり言を丁寧語でどうぞ!

 

 

ブライダルスタイリストコーチTAKAKO

 

 

《研修お申込み》

 

お問い合わせ / 資料請求



 

《よく読まれているサイト》

 

ブライダルの仕事、辞めたくなったら、辞めちゃう前に!ひとつだけやる事がある。



 

ブライダルスタイリストが見てきたブライダル業界を本音で話してみます。

【2019来春挙式花嫁さまへ】

 

【ドレス選び中の花嫁さまへ】

 

【ブライダルスタイリストの皆さまへ】

 

 

「花嫁ドレス選び、2着のウエディングドレスを選びたくなったら!」

 

こうなったら、どうしていますか?

 

 

先ずは、「よくある」お話しをします。

 

結婚式、ご披露宴パーティーにて、

 

花嫁さまが身にまとうドレスとして、ウエディングドレスとカラードレスがあります。

 

よくあるのは、ウエディングドレス一着、カラードレス一着を選ばれます。

 

 

真っ白なドレスへの憧れと、カラードレスへの憧れの両方を叶える事ができます。

 

 

そんな中、時おり、ウエディングドレスを二着、お選びになる花嫁さまがいらっしゃいます。

 

もちろん、大賛成です!

 


 

 

ウエディングドレスを二着選んだ理由や、そこに至ったドレス選びのプロセスは様々です。

 

 

花嫁さまから、この様なお気持ちを聞くことがよくあります。

 

・どうしても、気に入るカラードレスが見つからない

 

・カラードレスは、結婚しても着る機会があるかもしれない

 

・ウエディングドレスは、花嫁だけのドレスだから

 

・気に入ったウエディングドレスが二着あって選べないから

 

・その日は、真っ白な気持ちでいたいから

 

・初めから、ウエディングドレスを二着着ると決めていたから

 

 

どの気持ちも、とても素直で素敵です。

 

 

そして!

 

 

「最近、ウエディングドレスを二着選ぶ花嫁さまが増えてきました!」

 

時々、この様な記事を、ブライダル雑誌やネット上でみることがあります。

 

 

ですが、すこし違います。

 


 

 

ウエディングドレスを、二着選ぶ花嫁さまは、以前からいらっしゃいました。

 

もちろん少数派ではありましたが、何人も何人もご一緒して参りました。

 

 

ウエディングドレスを二着選ぶ花嫁さまは、

 

こだわりを持たれている、お洒落に敏感、自分に似合うドレスが分かっている、

 

そんな、大人花嫁が多かったように思います。

 

 

では、これからドレス選びをされる花嫁さまへ、

 

ウエディングドレスを、二着選ぶ時のポイントをお伝えします。

 

 

・違うブランドを選ぶ

 

・違う素材を選ぶ

 

・デコルテのデザインを変える(デコルテデザインを変えると最も違いがでます) 

 

 

もちろん、全体のドレスシルエットと、デザインを変える

 

小物を変える、ヘアスタイルを変える事は基本です。

 

 

パーティー用のウエディングドレスなどは、

 

ブーケを持たずに、小ぶりのパーティーバック等を持つと、パーティーらしく華やかになります。

 

 

一着のウエディングドレスの、

 

アクセサリーや、ヘアメイクをチェンジしてイメージを変える方法もあります。

 

 

ですが、二着のウエディングドレスを、違う感覚で着こなすと、よりオシャレ度は上がります。

 

ご自分の中にいる、二つの女性美を表現してみてください。

 

 

どうぞ、挑戦してみてください。

 

 

追伸:ドレス選びで、もっとも大切にして頂きたいのは、

 

「このドレスが、どうしても着たい!」 そんな、ご自分の素直な気持ちです。

 

 

ブライダルスタイリストコーチTAKAKO

 

 

《研修申込み》

 

お問い合わせ / 資料請求



 

《よく読まれている参考サイト》

 

二度目のウエディングドレスを選ぶ賢い花嫁さま



 

挙式前の花嫁さまへいつも伝えるメッセージをご紹介します


ボンボンヒップ
お問い合わせ先 ブライダルスタイリスト研修 ノウハウ集 ウェディングサポート