TAKAKOブログ

何故?今、特別な差別化が必要なのか?業界は、常に生モノのように動き続けています。

2年前ぐらいから、県内外のブライダル企業様にて、契約組数、新規来店数の減少を耳にする事が増えました。

 

婚礼組数の減少は、少子化だけではなく、様々な社会変化の中にもその要因があります。

業界内であれば、ナシ婚増加。フォトウエディング増加により結婚式の数が減ってます。

 

その対策は、どの企業も悪戦苦闘しながら行っています。

人財教育として、ウエディングプランナーの底上げも強化されています。

 

ただ、業界の人材育成が、プランナー教育と言う視点に集中しています。

何年も前から、それは変わらず、どこも同じ状況が続いています。

 

そろそろ、視点を変えた方が賢明だと思います。他と同じ方向では、「特別な差別化」になりません。

他が、目を向けていないところを強化して、宝を創り出せば、それが「特別な差別化」です。

 

ドレススタイリスト、ドレスコーディネーター、ブライダルスタイリスト、

様々な名前が付いていますが、全てお衣裳店(ドレスサロン)スタッフの呼び名です。

 

そのブライダルスタイリストこそ、「プレ花嫁に最も近い」存在です。

花嫁さんの身近な存在になるのに、時間を必要としないのがブライダルスタイリストです。

 

何故ならば、身体の気になる部分、誰にも知られたくない部分さえ、ブライダルスタイリストには打ち明けてくれます。

ドレスを決めていくのに必要なことですから。

そして、ドレスフィッティングの時には、インナーを着たままの状態で話すこともよくあります。

 

よって、内緒話もフィッティングルームでします。友達でもない。姉でもない。でも体の事まで気にしてくれる存在。

そして、同じ感覚で綺麗になって欲しいと思ってくれてる。それが、ブライダルスタイリストです。

 

花嫁にとって、女性として分かり合える存在になります。プランナーとは全く違う存在です。

ブライダルスタイリストは、結婚式ブライダルパーティー全体のコスチューム担当ですから、

その知識も広い範囲で必要です。そして、コスチュームに関しては責任も伴います。

 

美容師さんとの連携が必要なので人間力やコミュニケーション能力も長けていなければなりません。

育てて見て下さい!

プランナーを超える、力強い人財(味方)が育ち、式場契約までできる技術を持つことが可能です。

 

 

ブライダルスタイリストコーチ

TAKAKO

こんにちは!長野県の老舗ホテルが創り出すウエディング空間。

そのドレスサロンは、落ち着いたホテルの中にありました。ドレスサロンと、美容室が向い合せでした。

 

スタッフさんが、いつも行き来してお客様の事を相談できる距離でした。

http://www.saihokukan.com/wedding/index.php

 


「ホテルヒストリー」を持つ、老舗のホテル。特別な空間でした。

 


 


 

ボンボンヒップを見て頂いた時も、ドレスサロンと美容室のスタッフさんが集まってくれました。

とても丁寧な対応は、流石!ホテルだと思いました。

 

ボンボンヒップを見ていただき、その日はそのまま宿泊しました。

翌日、ご挨拶に伺った時も、お一人お一人が、個々にボンボンヒップの感想を下さりとても嬉しかったです。

 

その後、善光寺参りをして、帰路につきました。長野ホテル犀北館の皆さま、ありがとうございました!

ボンボンヒップが、お役に立てますように!

 

 

ブライダルスタイリストコーチ TAKAKO

team LOVE  木脇孝子

 

こんにちは!今日のタイトルは

「ベアトップドレスが下がらない為の工夫の数々!それは、もう必要ありません!」長いタイトルです!

 

実は、結婚式場でドレスがズレ始めてから、15年ぐらい経ちます。

ちょうど、パフスリーブドレスの流行が終わり、ベアトップドレスが流行り始めたころです。

 

それに伴い、チャペル式が急上昇しました。すると、バージンロードに合せて、後ろの長いロングトレーンが流行ったんです。

チャペル式の場合、挙式中は、新郎新婦の後姿を見る時間が長くなります。それもあり、トレーンのデザインが華やかになりました。

又、長いトレーンを取り外すことができる、「ディタッチャブルトレーン」が出始めました。

 

その頃から、結婚式の現場でドレスがズレる現象が始まりました。それに拍車をかけたのが、プリンセスラインの流行です。

 

プリンセスラインは、お姫様のようなドレスという定義ですからボリュームドレスです!

とても、とっても重いです!レンタルのドレスは、そうじゃなくてもしっかり作られているので重いです。

 

そして、更に「ベアトップドレスがズレ落ちる」のに、拍車をかけたドレスデザインがあります。

後ろをリボンで編みこんだようなデザイン。後に、「レースアップ」と呼ばれるデザインのひとつになりました。

これが、フリーサイズドレスの出現です!これが一番厄介です!

一つのドレスが、3サイズ展開されているわけですから・・・、そんなの実はとっても無理がありすぎます!

 

ただ、ドレスサロンは、「便利そうだ!」「回転率が上がる!」というだけで、こぞって仕入れました。

ドレスの仕入れ責任者、予算最終決定者が、ドレスの成り立ち(制作・縫製)を知らないとそうなります。

現在、フリーサイズドレスが在庫の8割~9割というドレスサロンもあります。多くあります。

そして、ドレスは3サイズにすることで、更に重くなりました。現場では、工夫するしかない状況です。

 

(夢のない工夫の数々)玄関マットの下にひく滑り止めを花嫁に巻く。タオルをパニエに挟んで腰で止める。ストラップをインナーに差し込む。インナーとドレスを縫い付ける。両面テープでインナーとドレスをくっつける。何かごつい物を腰にまかれる。

 

どれも大変!!!  それに、夢がありません。ブライダルの現場で、そんな夢のない作業は絶対にNGです!

それに、「花嫁は、女性はスタイルよく見られたい!細く見られたい!」なのに、「いろんなモノをまいて、太って見えそう・・・」

そんな心配の気持ちが生まれてきます。事実、巻いたら巻いただけ太くなります!

 

ボンボンヒップは、女性の「より細く見られたい!細く見えてほしい!」その気持ちを大切にして作りました。

素材は、とても薄い滑り止め素材でできています。とても軽いです。ボンボンヒップを使えば60秒で、ドレスがズレなくなります。

 

ボンボンヒップ BONBONHIP ドレスがズレないボンボンヒップ もっとずっと安心 花嫁 ベアトップドレスがズレる ビスチェタイプドレス ウエディングドレス Wedding 結婚式 花嫁さん 自由に動ける

ドレスがズレないボンボンヒップ



 

着け心地は軽くて、柔らかくて、可愛いです。

ボンボンヒップ



 

ブライダルスタイリストコーチ

TAKAKO

リーダー研修の一つです。「スキル=skill」スキルとは、ナレッジを活かす様々な能力の事。

ナレッジとは、知識、知識に付随する技術(テクニック)の事。

 

それらが、リーダーシップを発揮するには必要だと考えています。

 

また、ブライダル業界においては、リーダーの経歴が様々です。

特に、花嫁衣裳の現場(ドレスサロン)においては、経歴(キャリア)が色々です。

 

ドレスコーディネーターとして、現場をやってきた方がリーダー(店長・チーフ)の場合は女性の方が殆どです。

営業職から、リーダー(店長)になった方は男性です。

それぞれに「得意とする形」で、現場の売上を上げています。

 

ドレスコーディネートの手腕で売上を創る。営業手腕で売上を創る。どちらも似ているようですが違います。

どちらか片方では、継続的な売り上げの確保が難しくなります。能力を使い切りすぎてダウンします。

 

そして、どちらの能力(スキル)も必要です。

また、リーダーには牽引力、洞察力、深聴力、等々、必要とされるスキルだらけです!

男女の本能的スキルの違いもあります。要するに、これからを創ることのできるスキルを持って頂くしかありません。

 

それがないと、世の中が言うようにAI(人工知能)でも間に合うようになります。

 

以前、男性支配人の方から、短期マンツーマンで指導を依頼されたことがあります。

優秀な営業マンでしたが、支配人に配属されて、売上が思うほど上がらなかったからです。

結果は「思うほど上がらなかった」理由がわかり、一歩ずつですが売上も(自分も)上がってます!

そんな報告を一か月後に頂きました。

 

また、リーダー研修によく見られる傾向として、「リーダーでなければならない!」この意識が高くて、

知らないことを知らないと言えずにいるリーダーさんが多くいます。

 

キャリアを持つと

(今更聞けない、検索して分かることじゃない)「知らないこと」が「恥ずかしい事」になっているようです。

外部講師の私には、そんなホンネも教えてくれます。

 

 

ブライダルスタイリストコーチ

TAKAKO

「走れる!?花嫁」このキャッチコピーで、「トレたま」に取り上げてもらいました。

「You Tube ユーチューブ映像

走れる花嫁ボンボンヒップ ドレスがズレないボンボンヒップ ウエディングドレス 結婚式 花嫁のストレスを直す ドレスが下がる ドレスが落ちる ボンボンヒップ 43,000円 ブライダルスタイリスト ブライダルスタイリストコーチ 実用新案商品

トレたまに取り上げられた!ボンボンヒップ



 

下記が ⇓ TV東京ワールドビジネスサテライトの番組サイトです。

http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/trend_tamago/post_126474/

 

ユーチューブ動画です。



 

下記は、ロゴとトレードマーク! TV東京1Fにもいました!

 

TV TOKYO
 

 

ブライダルスタイリストコーチ

TAKAKO

こんにちは! 少し前から、ボンボンヒップのインスタグラムを始めました。

早く、早くと思いながら、やっとスタート出来ました。

 

ボンボンヒップ ドレスがズレない ウエディングドレス Wedding インスタグラムを始めました Bridalstylist ブライダルスタイリストコーチTAKAKO 結婚式 結婚式場 ホテル 

ボンボンヒップ



 

そして、分かったことがあります。当たり前の事でしょうが、ドレスの写真がたくさんある!

見ているだけで時間を忘れそうなぐらいです!

日本だけじゃなく、海外ブランドのドレスも、いち早く見ることができて嬉しい日々です♪

 

フォロワーの人たちも、ブライダル関係者だらけなので、投稿内容を見ていて頷くことばかりです。

それにしても、皆さん写真が上手です。

 

ボンボンヒップも、その世界観をドンドン広げていきます!

bonbonhip.jp よろしくお願いします!#ボンボンヒップ

 

ブライダルスタイリストコーチ

TAKAKO

ブライダルお衣裳店での研修です。2週間に1回、1回が3時間。

 

出席は、スタイリスト8名、営業マン2名、各店店長2名、ブライダルカウンタースタッフ2名、

そして、オブザーバー参加の常務と社長。

 

スタイリストの中には、入社間もない新人さんもいました。毎回、12名~16名位の人数です。

仕事の役割が違うスタッフが集まり「花嫁衣裳」の知識、接客技術について細かく学ぶ。徹底してやりました。

 

参加できなかったスタッフは、ビデオ撮影したもので学ぶ。

全12回、36時間です。毎回、宿題も出しますので真剣でした!

その様子を経営者である、社長と常務も共に同じ時間を共有する。

 

研修結果を出すためにも、月毎の個人売り上げの推移を見ます。前月比、前年比も合わせてみます。

その推移、詳細はお伝え出来ませんが、5か月が終わりかけた時、もう一か月の追加をご依頼くださいました。

 

それは、リーダー研修でした。追加の一か月2回のリーダー研修では、売上を上げる仕組み追加。

5名のリーダーのスキル底上げ研修です。

 

その結果、数字が上がったことは当たり前ですが、

プラス効果として、「シーズン中なのにクレームが一件もありません!完全になくなりました。」

嬉しそうにリーダーが報告してくれました。

その嬉しそうな声を聞いて、私自身もとても嬉しかったです!ありがとうございました。

 

撮影記録のデータもいただきました。

 

ブライダルスタイリストコーチ

TAKAKO

こんにちは! 今日のタイトルは、「ベアトップドレスのズレ落ちは、インナーだけのせいじゃない!」

 

実は、そうなんです!

「ドレスがズレる」この内容で、「インナーの選び方が間違っているから」そんなコトが言われているようです。

ですが、「ドレスがズレる」根本理由はそこではありません。

 

インナーが、どんな高級なインナーでも、サイズが合ったモノでもドレスはズレます。

 

インナーの素材についても、論議が交わされているようです。

例えば、インナー素材がツルツルしたモノではなく、レース素材であれば生地に少しの凹凸はあります。

その少しの凹凸により、ドレスがズレない!と、言われているようですが、レース生地の凹凸だけでは滑り止めの役目は果たしません。

 

仮に、ひとつだけ方法があるとすれば、ドレス用インナーが、全て滑り止め素材で出来ていたら、ズレないかも?しれません。

ただ、そんなインナー全く美しくないです! だれも必要としません。

 

もちろん!ドレスを着る時に、上質な技術力で出来上がったインナーは間違いなく必要です!

 

必ず試着して、プロに見てもらって、サイズ(カップが重要)が合ったモノを買っていただきたいです。

ドレス用インナーは、日本人には必要です!日本人の体形で、インナー無しで、ドレスを魅力的に着こなすことはとても難しいと思います。

 

今まで、3,000組のスタイリングをしてきて、インナーが必要ない程のボディーに出会ったのはたった二人だけです!

 

(本題です)インナーが、どんなインナーでもドレスはズレます。

 

何故ならば、綺麗な素材(ツルツル滑る素材)で出来ていますから!

ドレスの裏地もツルツル滑る素材ですから、例えば、サイズが合ったオーダードレスでもドレスはズレ落ちます。

 

だから、滑り止め素材を間に入れるしか方法はありません。

そして、腰でしっかりと止めるしか無いです!よーく考えると、誰でもわかる理論です。

ボンボンヒップは、ドレスがズレる理由をトコトン探して、その理由に基いて、ドレスの現場を熟知したブライダルスタイリストが開発しました。

 

「ドレスがズレる3つの理由」




・インナー素材、ドレス裏地素材、どちらも滑る素材だから。

・日本人女性の体形は、腰の張りがなく、ヒップが扁平だから。

・空気より重いものは、どこかで支えないと下に落ちます。




 

現場の人間が、待ち望んでいたからこそ、現場の声として、どこで誰に見て頂いても、この3つの声が、当たり前に普通に聞こえてきます。

「こんなの無かった!」 「ありそうで無かった!」 「これがあれば大丈夫!」

ボンボンヒップ



 

ブライダルスタイリストコーチ TAKAKO

team LOVE 木脇孝子

ドレスコーディネーター(ブライダルスタイリスト)とは、ブライダルパーティーのコスチュームアドバイザーです。

新郎新婦の婚礼衣裳のアドバイスやスタイリングだけではなく、ご両家ご両親、ご家族様、ゲストの方々のコスチュームアドバイザーでもあります。

 

よって、婚礼衣裳の知識は、必ず身につけていないといけません。

花嫁さんは、自分の衣装だけではなく、ご家族の衣装も気配りされますから!着るものに関してのご相談を一手に引き受けます!

そんなやり取りを、何度も、何人分もしていきますから、花嫁さんのもっとも身近な存在になります。

そして、結婚準備が、まだ始まらないころからご一緒します。最初のお打ち合わせが、衣裳打合せです。

 

新郎新婦が結婚式場を決めるのは、6か月~1年前ぐらいです。

「さぁー!決まったから、準備頑張ろう!」と、思ってもまだまだ準備することが何もありません。

 

式場で決める様々な内容は、大体3か月前ぐらいから急に忙しくなります。

よって、一番初めにやることが「ドレスを決めること」です。だから、一番最初からご一緒するようになります。

 

そして、ドレスを選ぶうえで、身体に関する悩みなどもお聞きしていくようになります。

花嫁のナーバスな部分に触れるのが、ドレスコーディネーターです。自然と仲良くなります。

 

そんな幸せな仕事ですが、ドレスコーディネーターも日々仕事をしていると、当たり前に悩み凹み躓く時があります!

例えば、こんな場面の、こんな事です!

 

【ドレス選びの接客時】

・性格が、キツそうな花嫁さんの接客はしたくない。

・担当の花嫁さんのドレスが中々決まらない。何度も試着に来られる。

・段々、どんなドレスがこの人(花嫁さん)に似合うのか分からなくなってきた。

 

【小物合わせスタイリング時】

・いつも同じドレスで、同じコーディネートになってしまう。

・おしゃれなスタイリングの提案が思い切って言えない。

・担当の花嫁さんに使いたかった、人気アクセサリーを先輩が先に予約していた。

 

【月末の売上チェック時】

・あの花嫁さんに、あのブランドドレスを見せておけば、ノルマがクリアできたかも?でも多分言えなかった。

・そろそろ、チーフぐらいに成りたいけど、この売上じゃまだ無理かな?

 

【トップシーズン残業時】

・早く帰りたい!体力がもたない。仕事がきつい。

・友達と会ってない。友達がいなくなってきた。

・友達の結婚式に行きたいけど、日曜日だから会社を休めない。上司に言えない。

 

【担当の花嫁さんからクレームが出た時】

・もうダメだ、辞めたい。接客するのが怖い。

・新規の接客もしたくない。明日・・・、休もうかな?

・プランナーに、上司に、怒られた!

 

実は、まだまだあります。たくさんのスタイリストのつまづきや、転び起き上がる場面を見てきました。

これを見た方の中には、「こんな事ぐらい!仕事なんだから、あたりまえ!」そんな感想もあると思います。

仕事上の躓きは、こんな何気ない事が重なって、やる気が低下していきます。

 

ブライダルスタイリストコーチ

TAKAKO

team LOVEのスタイリスト研修は、

「ナレッジ=knowledge」「スキル=skill」「マインド= mind」

これらを、同時進行でお伝えして動かしていきます。

 

ナレッジとは、知識・技術の事。スキルとは、ナレッジを活かす能力の事。

マインドとは、スキルを継続する心の体力の事。この様に定義づけております。

 

何故ならば、現場で売上を上げる為にはどれも必要不可欠だからです。

ようは、ナレッジだけでは知っているだけ、できるだけに終わります。

これでは、仕事に熱が入りません。頭でっかちで融通が利かなくなります。

 

スキルだけでは、仕事が自己満足に終わります。

出来る人だと勘違いも出てきます。リーダーになると厄介なタイプです。

 

マインドだけでも無理です。気持ちばかりが先行して、形(売上)を創るのに時間がかかります。

これでは、管理職の方がイライラしてきます。

 

もちろん、全てを備えた万能な人財が一度に増えたりはしませんが、

個人個人の素質を見ながら適材適所を見極めることになります。

 

その中で、スキル(ナレッジを活かす能力)は、本人が気づきにくい部分です。

真逆に自分を思っている場合もあります。

 

スタッフのスキルを磨いて、現場指導者がそれを管理すれば現場の売上を上げるところまではできます。

 

 

ブライダルスタイリストコーチ

TAKAKO