TAKAKOブログ

様々な名称で呼ばれる、「ドレスコーディネーター」。

この名称で呼ばれていたのは、組織に在籍していたころです。

 

その頃、ドレスコーディネーターは、常時10名~12名ぐらいいました。

 

女性の憧れの職業ですが、結婚や、転職で、その職を卒業することもあります。

もちろん、10年以上長く務めるスタッフもいます。平均すると、4年~6年ぐらいです。

 

ドレスコーディネーターの仕事は、ひとりの女性を輝く花嫁に導く仕事です。

「ひとりの女性の美しさをひきだし、女性としての喜びや誇りを感じながら花嫁になっていただく。」

そのプロセスにおいて、運命の一着をご提案する。そんな運命の人と言っても過言ではありません。

 

やりがいのある、自身の成長にもつながるお仕事です。

でも、体力も必要。ハードワークなブライダルシーズンもあります。

 

時に、好きな仕事だけど、体力が続かない。そんな理由で卒業する場合も稀にあります。

その卒業理由に、「この仕事がイヤだから」と言う理由は、29年間一度も聞いたことがありません。

 

これは、この仕事のやりがいを示すものだと思います。

ひとりの女性に情熱を傾け、美しさをひきだす仕事です。もっと、もっと憧れてほしいです。

 

そして、この仕事を「辞める」ことを、「卒業」と言い続けてきました。

よって、卒業するスタッフへ「卒業証書」を渡してきました。そのことを少し書きます。

 

卒業証書の中身は、そのスタッフが頑張ってきた記録を記したものです。例えば・・・

・接客延回数   ・笑顔の数、ご挨拶の数   ・花嫁のお悩み解決数

・スタイリング(花嫁、新郎、ご両親、ゲスト)総数とパターン数

・ご契約組数と、売上貢献売上数字   ・注目された表彰数(会社からと私から)

・お電話対応数   ・ドレスメンテナンス着数   ・頂いたお礼状(ハガキお手紙TEL)総数

・頑張った仲間との楽しい時間総数

 

等々、全て拾い上げる事が可能なように、ふだんから履歴を残しました。

もちろん、部署が違えば、違う数字を記入します。

 

この数字を、卒業証書に記載して、卒業証書授与式をします。

最後の朝礼(終礼)にて、最後のご挨拶のあとに渡します。

(ちなみに、会社はこのことを知りません。勝手にやってました。)

 

ひとりひとりの花嫁を輝かせるために、共に頑張ったのですから、

この数字の、どこがかけてもそれは出来なかったことです。

 

そして、新しく進む道を、元気よく胸張って歩いてほしい!そんな願いからです。

 

ブライダルスタイリストコーチ

TAKAKO

どこの業界にも、業界用語があると思います。そして、業界の中だけで使われる言語も存在します。

それは、一般にはとても分かりづらい表現の事も多々あります。よって、婚礼衣裳に関する職種の呼び名をご紹介します。

 

タイトルにある、3つの名前、「ドレススタイリスト・ブライダルスタイリスト・ドレスコーディネーター」に、もう一つあります。

「ブライダルコーディネーター」です。但し、これだけは、婚礼衣裳以外の職種としても呼ばれます。

 

ややこしいですよね!ブライダル業界へ初めて就職された方は、戸惑う場面があるかもしれません。

 

では、答えからいうと、この4つの名前は、全て同じ職種です!

ブラダル業界用語 「ドレススタイリスト・ブライダルスタイリスト・ドレスコーディネーター・ブライダルコーディネーター」

 

そして、なぜこの様になっているかの原因です。

ブライダル業界の婚礼衣裳が、レンタルになり始めたころ様々な業界からの参入がありました。

だからです!だから、その時々で呼び名が違う様になりました。どう考えても、そうだと思います。

 

業界内にて、婚礼衣装に関わる人財が、もっと確立されたポジションになれば、この呼び名も統一されてくると考えられます。

仕事として、プロと認められるには、幅広い知識、様々な技術、高い人間力を必要とするブライダルスタイリストです!

現場で、日々自分と格闘しながら頑張っている、そんなブライダルスタイリストを応援しています!

 

今後に期待しながら、今日もコツコツ継続です。

 

ブライダルスタイリストコーチ

TAKAKO

こんにちは!先ずは、ウエディングドレスの流行的なことから書きますね!

ウエディングドレスの、デザインスタイルが大きく変わりはじめました。

 

業界にて、5年ぐらい前からその動きがしっかり見え始めました。

SNSの世界で、Pinterest(ピンタレスト)、instagram(インスタグラム)が、FB(フェースブック)を超える勢いで日本で動き始めたころです。

 

それまでは、ドレスサロンにてベアトップドレスが8割~9割でした。

今は、7割~8割。そこに入ってきたドレスデザインが、お袖付きドレス(ウィズスリーブドレス)です。

ラインは、フィット&フレアのシンプルなシルエットのもの。

 

これらのデザインは、世界のドレスデザインを見るとずっと前から定番でした。

それが、SNSにより日本人にもたくさん目につくようになりました。

もちろん、日本のドレスバイヤーさんが気に入った!ということが一番大きいです。

 

しかし、その様な動きがありますが、ビスチェタイプのベアトップドレスは、日本のドレスサロンさんに沢山あります。

要は、ドレスメーカーさんに沢山あります。

 

よって、ビスチェタイプが無くなり、お袖付きドレス(ウィズスリーブドレス)だけにはなりません。

肩を出して、デコルテを見せる女性らしいデザインは、日本人の花嫁さんの憧れですから!

 

肩を出し、デコルテを見せるデザインは、一生に一度かもしれません。結婚式ぐらいしか着ることもないと思います。花嫁さんの特権です。

ただ、日本人女性の体形的に、肩紐がないと必ずドレスはズレます。サイズピッタリのオーダードレスでもズレます。

 

よって、「いちばん綺麗になりたい日」には、ボンボンヒップをお使いください。軽くて、柔らかくて、ドレスが体にフィットします。走っても平気ですよ!

 

ボンボンヒップ



 

ブライダルスタイリスト

TAKAKO

愛媛県にある、とっても素敵な美容室「SUGAHARA」さんです!

ボンボンヒップの、ご注文を頂きました。そして、リピート率90%の美容室と知りました!凄いです!

 

美容室だけじゃなく、ブライダル衣裳店舗も持たれているので、まさに「トータルビューティーサロン」さんです。

ユーチューブの動画がありましたので、どうぞご覧下さい。

 

きっと、お客様が安心する、リピート率90%が納得いくはずです。

 

 

SUGAHARAが選ばれる7つの理由 SUGAHARA

 



 

SUGAHARA
 

 

Be Wedding SUGAHARA


 

ホームページも、サロンも、ピンクカラーがとても落ち着いて優しい感じです!

 

スタッフさんの笑顔も、お客様の笑顔も、やさしく輝くのだと思います。

菅原社長、ボンボンヒップのご注文、ありがとうございました!

 

四国へ出向く際は、ご連絡いたします。

 

ブライダルスタイリストコーチ TAKAKO

team LOVE  木脇孝子

こんにちは!

結婚式、ご披露宴、パーティー、2次会、その現場でドレスが下がってズレてきたら、いったいどうしていますか?

 

少しなら、「まぁ、大丈夫かな?」「もう少し、下がってきたりしたら美容師さんを呼びに行こう!」

様子を見る!

↑ ↑ このパターンがいちばん多いと思います!

この時点で、即座に対応してくれるプランナーさんがいたら、それはブライダルのプロです。

 

その時、花嫁さんは自分なりにドレスを押さえてます。

ブーケで押さえたり、脇に力を入れてみたり、自分で持ち上げようとしたり、けなげに頑張ってます!

 

(大丈夫かな?今から、色々動く予定だけど・・・まぁ、大丈夫!多分、これぐらいなら大丈夫!)

↑ ↑ これが、花嫁さんの不安のはじまり方です。

↑ ↑ このまま、ほっとくと2次的クレームを引き起こす、要因になることもあります。

 

花嫁さんは、一度不安になっても「自分がシッカリ!しなきゃいけないから、大丈夫!」と、自分に言い聞かせる状況です。

この第一段階では、花嫁さんは誰にも相談しません。

 

そして、そのまま誰も気づかずに何もしないので、第2段階が始まってしまいます。

気づくのは、カメラマンさん!花嫁のお母さま、このお二人が一番早く気づきます。

隣にいる、ご新郎様は、ほぼ気づきません。

 

もちろん、花嫁さんは気持ち悪さを感じてきている状態です。

↑ ↑ 「あっ、ずれてる。美容師さん呼ばなきゃ!」に、やっとなる。

美容師さんが来て、ドレスを上に持ち上げる。少し経つと、また上に持ち上げる。

 

このあたりから、ドレスを上に持ち上げる頻度が増えます!これでは遅いです!

花嫁さんの幸せ感が、これから急上昇する時に、不安感まで上昇するなんてダメっ!です。

 

プランナーさんの立場で何とかしなければいけない状況。みんなが気にし始める状況。

 

この状況になったら、方法は一つだけです。

【「ドレスを、インナーから着せ直してください」その時、何かしらの滑り止め素材をパニエにはめ込んで止めてください】

時間が押しても、解決する方法はこれしかありません。

 

プランナーさん、花嫁の不安が始まる前に対応してあげてくださいネ。

担当の日、プランナーさんの仕事が、とても忙しいのはよく知ってます!それでも、お願いします。

 

そして、これを読んだ美容師さんは、急場の対応方法はご存知だと思います。

そのために、沢山のお道具をお持ちだと思います。

 

もちろん、結婚式の現場では、ボンボンヒップを婚礼美容道具の一つとして持参していてほしいです。

無理ならば、ドレスフィッティングの技術だけでも身につけてほしいです。

理論がわかると、それだけでも随分違います。

 

プランナーさん、あなたの気づきで、「花嫁は、もっと、もっと美しくなれる!」

美容師さん、あなたは「花嫁の美」最後の仕上げ人!素晴らしいお仕事です。

 

ボンボンヒップ



 

ブライダルスタイリストコーチ

TAKAKO

こんにちは! 今日は、「花嫁の母」その思いを書きます。

 

ブライダル人生、ウエディングドレスに携わって29年目。

ホンの3年前までは「花嫁の母」の本当の気持ちがわかりませんでした。それが、分かったのは娘が嫁いでからです。

 

結婚式の日は、なんとも表現できない感情でした。もどかしいぐらい何もできませんでした。

見守ることしか出来なかったのを覚えています。

 

それでも、長いブライダル人生の中で、「花嫁の母」の姿をたくさん見てきました。

そして、ボンボンヒップのお問合せも「花嫁の母」お母さまから頂くことがあります。

 

ボリュームドレスを、頑張って着ている娘のドレス姿を、不安な様子で見守っています。

少し賢いお母様であれば、その大変さがわかるからです。

そして、「ゲストの事を一番に考えて笑顔でいる」そんな娘の気持ちも、よくよくわかるからです。

 

娘の事を、一番わかるのがお母様です!

 

ブライダルシーズンになると、あちこちからそんな風に娘を思う母の声を聴くことが増えます。

 

花嫁の母 結婚式 ドレスがズレない ドレスが落ちる ドレスが下がる 娘を見守る母の姿 結婚式 ブライダル ウエディングドレス

娘を見守る母の姿



 

結婚式の日、母親は、娘の姿を追いかけていますから、その姿が・・・、

ドレスが少しずつズレて落ちてきていることが、とても気になる!当たり前ですよ!

 

でも、自分ではどうにもしてやれなくて、担当プランナーさんを会場中一生懸命探す。

こんな母親の気持ちは、いったい何人の方が分かるのでしょうか?知っているのでしょうか?

 

ネットへ、花嫁様のその時の様子や、お母様の気持ちが投稿されています。

ただそれは、結婚式が終わってからになっています。

 

その前に、気づいて欲しいです。気づきにくい部分ではありますが、気づいて欲しいです。

ボンボンヒップ



ブライダルスタイリストコーチ

TAKAKO

何故?今、特別な差別化が必要なのか?業界は、常に生モノのように動き続けています。

2年前ぐらいから、県内外のブライダル企業様にて、契約組数、新規来店数の減少を耳にする事が増えました。

 

婚礼組数の減少は、少子化だけではなく、様々な社会変化の中にもその要因があります。

業界内であれば、ナシ婚増加。フォトウエディング増加により結婚式の数が減ってます。

 

その対策は、どの企業も悪戦苦闘しながら行っています。

人財教育として、ウエディングプランナーの底上げも強化されています。

 

ただ、業界の人材育成が、プランナー教育と言う視点に集中しています。

何年も前から、それは変わらず、どこも同じ状況が続いています。

 

そろそろ、視点を変えた方が賢明だと思います。他と同じ方向では、「特別な差別化」になりません。

他が、目を向けていないところを強化して、宝を創り出せば、それが「特別な差別化」です。

 

ドレススタイリスト、ドレスコーディネーター、ブライダルスタイリスト、

様々な名前が付いていますが、全てお衣裳店(ドレスサロン)スタッフの呼び名です。

 

そのブライダルスタイリストこそ、「プレ花嫁に最も近い」存在です。

花嫁さんの身近な存在になるのに、時間を必要としないのがブライダルスタイリストです。

 

何故ならば、身体の気になる部分、誰にも知られたくない部分さえ、ブライダルスタイリストには打ち明けてくれます。

ドレスを決めていくのに必要なことですから。

そして、ドレスフィッティングの時には、インナーを着たままの状態で話すこともよくあります。

 

よって、内緒話もフィッティングルームでします。友達でもない。姉でもない。でも体の事まで気にしてくれる存在。

そして、同じ感覚で綺麗になって欲しいと思ってくれてる。それが、ブライダルスタイリストです。

 

花嫁にとって、女性として分かり合える存在になります。プランナーとは全く違う存在です。

ブライダルスタイリストは、結婚式ブライダルパーティー全体のコスチューム担当ですから、

その知識も広い範囲で必要です。そして、コスチュームに関しては責任も伴います。

 

美容師さんとの連携が必要なので人間力やコミュニケーション能力も長けていなければなりません。

育てて見て下さい!

プランナーを超える、力強い人財(味方)が育ち、式場契約までできる技術を持つことが可能です。

 

 

ブライダルスタイリストコーチ

TAKAKO

こんにちは!長野県の老舗ホテルが創り出すウエディング空間。

そのドレスサロンは、落ち着いたホテルの中にありました。ドレスサロンと、美容室が向い合せでした。

 

スタッフさんが、いつも行き来してお客様の事を相談できる距離でした。

http://www.saihokukan.com/wedding/index.php

 


「ホテルヒストリー」を持つ、老舗のホテル。特別な空間でした。

 


 


 

ボンボンヒップを見て頂いた時も、ドレスサロンと美容室のスタッフさんが集まってくれました。

とても丁寧な対応は、流石!ホテルだと思いました。

 

ボンボンヒップを見ていただき、その日はそのまま宿泊しました。

翌日、ご挨拶に伺った時も、お一人お一人が、個々にボンボンヒップの感想を下さりとても嬉しかったです。

 

その後、善光寺参りをして、帰路につきました。長野ホテル犀北館の皆さま、ありがとうございました!

ボンボンヒップが、お役に立てますように!

 

 

ブライダルスタイリストコーチ TAKAKO

team LOVE  木脇孝子

 

こんにちは!今日のタイトルは

「ベアトップドレスが下がらない為の工夫の数々!それは、もう必要ありません!」長いタイトルです!

 

実は、結婚式場でドレスがズレ始めてから、15年ぐらい経ちます。

ちょうど、パフスリーブドレスの流行が終わり、ベアトップドレスが流行り始めたころです。

 

それに伴い、チャペル式が急上昇しました。すると、バージンロードに合せて、後ろの長いロングトレーンが流行ったんです。

チャペル式の場合、挙式中は、新郎新婦の後姿を見る時間が長くなります。それもあり、トレーンのデザインが華やかになりました。

又、長いトレーンを取り外すことができる、「ディタッチャブルトレーン」が出始めました。

 

その頃から、結婚式の現場でドレスがズレる現象が始まりました。それに拍車をかけたのが、プリンセスラインの流行です。

 

プリンセスラインは、お姫様のようなドレスという定義ですからボリュームドレスです!

とても、とっても重いです!レンタルのドレスは、そうじゃなくてもしっかり作られているので重いです。

 

そして、更に「ベアトップドレスがズレ落ちる」のに、拍車をかけたドレスデザインがあります。

後ろをリボンで編みこんだようなデザイン。後に、「レースアップ」と呼ばれるデザインのひとつになりました。

これが、フリーサイズドレスの出現です!これが一番厄介です!

一つのドレスが、3サイズ展開されているわけですから・・・、そんなの実はとっても無理がありすぎます!

 

ただ、ドレスサロンは、「便利そうだ!」「回転率が上がる!」というだけで、こぞって仕入れました。

ドレスの仕入れ責任者、予算最終決定者が、ドレスの成り立ち(制作・縫製)を知らないとそうなります。

現在、フリーサイズドレスが在庫の8割~9割というドレスサロンもあります。多くあります。

そして、ドレスは3サイズにすることで、更に重くなりました。現場では、工夫するしかない状況です。

 

(夢のない工夫の数々)玄関マットの下にひく滑り止めを花嫁に巻く。タオルをパニエに挟んで腰で止める。ストラップをインナーに差し込む。インナーとドレスを縫い付ける。両面テープでインナーとドレスをくっつける。何かごつい物を腰にまかれる。

 

どれも大変!!!  それに、夢がありません。ブライダルの現場で、そんな夢のない作業は絶対にNGです!

それに、「花嫁は、女性はスタイルよく見られたい!細く見られたい!」なのに、「いろんなモノをまいて、太って見えそう・・・」

そんな心配の気持ちが生まれてきます。事実、巻いたら巻いただけ太くなります!

 

ボンボンヒップは、女性の「より細く見られたい!細く見えてほしい!」その気持ちを大切にして作りました。

素材は、とても薄い滑り止め素材でできています。とても軽いです。ボンボンヒップを使えば60秒で、ドレスがズレなくなります。

 

ボンボンヒップ BONBONHIP ドレスがズレないボンボンヒップ もっとずっと安心 花嫁 ベアトップドレスがズレる ビスチェタイプドレス ウエディングドレス Wedding 結婚式 花嫁さん 自由に動ける

ドレスがズレないボンボンヒップ



 

着け心地は軽くて、柔らかくて、可愛いです。

ボンボンヒップ



 

ブライダルスタイリストコーチ

TAKAKO

リーダー研修の一つです。「スキル=skill」スキルとは、ナレッジを活かす様々な能力の事。

ナレッジとは、知識、知識に付随する技術(テクニック)の事。

 

それらが、リーダーシップを発揮するには必要だと考えています。

 

また、ブライダル業界においては、リーダーの経歴が様々です。

特に、花嫁衣裳の現場(ドレスサロン)においては、経歴(キャリア)が色々です。

 

ドレスコーディネーターとして、現場をやってきた方がリーダー(店長・チーフ)の場合は女性の方が殆どです。

営業職から、リーダー(店長)になった方は男性です。

それぞれに「得意とする形」で、現場の売上を上げています。

 

ドレスコーディネートの手腕で売上を創る。営業手腕で売上を創る。どちらも似ているようですが違います。

どちらか片方では、継続的な売り上げの確保が難しくなります。能力を使い切りすぎてダウンします。

 

そして、どちらの能力(スキル)も必要です。

また、リーダーには牽引力、洞察力、深聴力、等々、必要とされるスキルだらけです!

男女の本能的スキルの違いもあります。要するに、これからを創ることのできるスキルを持って頂くしかありません。

 

それがないと、世の中が言うようにAI(人工知能)でも間に合うようになります。

 

以前、男性支配人の方から、短期マンツーマンで指導を依頼されたことがあります。

優秀な営業マンでしたが、支配人に配属されて、売上が思うほど上がらなかったからです。

結果は「思うほど上がらなかった」理由がわかり、一歩ずつですが売上も(自分も)上がってます!

そんな報告を一か月後に頂きました。

 

また、リーダー研修によく見られる傾向として、「リーダーでなければならない!」この意識が高くて、

知らないことを知らないと言えずにいるリーダーさんが多くいます。

 

キャリアを持つと

(今更聞けない、検索して分かることじゃない)「知らないこと」が「恥ずかしい事」になっているようです。

外部講師の私には、そんなホンネも教えてくれます。

 

 

ブライダルスタイリストコーチ

TAKAKO