ウエディングドレスを、胸で着ようとするから、胸のお肉が気になる状態になるのです!

こんにちは!

いつも、ブログを読んでくださり、ありがとうございます。

 

今日のタイトル

「ウエディングドレスは、腰で着ます!胸で着ようとするから、胸のお肉が気になる状態になるのです!」

キャリアの浅い、ウエディングドレスに関わる方々が聞くと、ビックリされるでしょうね!

 

「ウエディングドレスは、胸で着ます」こんな間違いが、業界の中に当たり前に存在していますから。

「ウエディングドレスを、胸で着てはいけません!ウエディングドレスは腰で着ます!」が正解です。

 


 

「ウエディングドレスは、腰で着てこそ、デコルテが楽に開きます!」そして、美しい姿勢が叶えられます。

 

では、何故??? こんな間違いが、蔓延ったのでしょうか?

日本は、まだまだドレスの歴史が浅いからです。そして、ドレスを着る場面はありません。

 

また、日本人女性の体形と、欧米諸国の女性の体形は、基本的に全く違います。

 

日本人の女性は、ドレスを着なれていません。腰の張りもありません。

「初めてドレスを着る。」この状況がほとんど。そして、レンタルドレスの需要が8割。

 

日本のレンタルドレスは、かなり丈夫な作りで出来ています。だから、重いです。

見た目はふんわりで、軽やかなドレスでさえ、シンプルなドレスでさえ、重いです。

 

この状況で、胸で着るようになると、かなりキツメに止めてしまい呼吸が苦しくなります。

花嫁さんが、気持ち悪くなるのはこのせいです!肺呼吸が、出来づらくなって酸欠状態です。

マタニティ花嫁さんは、絶対に胸をしめてはダメですよ!赤ちゃんが苦しくなります。

 

ウエディングドレスは、ウエストで止めて、デコルテを開いて、凛とした美しいお姿に仕上げてください。

 

実は、正しいウエストの位置で、しっかり止めてお着せすると、ドレスを着ていても腰が楽です。

もう、胸をきつく止めて、ドレスを着せることは止めてください!

 

いくら胸できつく止めても、ウエストから落ちていきます。

その結果、胸のお肉が盛り上がる状態になります。そんなお写真を残さないようにお願いします。

 


 

ボンボンヒップは、ウエストで止めて、そこから落ちません。

胸元が、とても楽な状態でも、ドレスはズレません。(ビーズ刺繍の重いドレスも大丈夫です)

 

ボンボンヒップ



 

ブライダルスタイリストコーチ TAKAKO

team LOVE 代表 木脇孝子

 





 
 
 
 
 
|2017年10月03日