悩む!花嫁のセカンドオピニオン小倉恵美さん

素直な感想文」小倉恵美さん

 

ウエディングドレスの神様がいた!! ’’私のために作られたドレス’’が見つかる!!』

3つの衣装店で20着近いドレスを試着させていただいた私。

どのドレスも良い所があるし 段々と前に着たドレス忘れてくるし・・・と 完全にドレス選び迷子になっていました。

ドレス選びにこんなに迷うとは思っていなかったんです。

私は過去に何度かウエディングドレスのモデルをさせていただいた経験があり

自分がどんなドレスが好きなのかは理解しているつもりでした。

ウエディングドレスはレースたっぷりでボリュームのあるプリンセスラインのもの。

カラードレスは装飾がたっくさん付いたフリフリのお花柄のドレスに憧れていました。

だから、 そんなドレスを探そうとしていました。

しかし 実際に着てみると 「ほんのちょっっっっっとだけピンとこない」笑

そんな私にTAKAKOさんが教えてくださった魔法の質問が ・・・

「結婚式の日、というのは人生で1番美しい日。

そんな日に似合うドレスは 「今の私」が着て似合うドレスじゃなくて 「なりたい私」が着て似合うドレスだよ。

どんな花嫁になりたい?」 「そっか! しっくり来なかったのは ’’今の私’’でドレス選びをしていたからなんだ!!」

ドレスはどれも素敵です。 どれも綺麗で可愛いです!

「お寿司を食べる!」と決めて レストランを探しに行かないと

「え?あそこのイタリアン美味しいよ!」 「野菜食べたほうがいいよから別の所にしようよ!」と

たくさんのアドバイスで迷いが出るように、ドレス選びでも「これ!」という軸がなければ

迷うのは当たり前だと思います!

「こんな’’私’’で当日を迎えたい♩」という軸が決まってからは

「かわいいドレス」「素敵なドレス」を見ても 「私の結婚式に着るドレスかどうか」という

見極めが出来るようになりましたし、 最後の最後 「本当にどちらでも大満足!!!」という

2つのドレスで迷った時に 「会場の雰囲気と生地の質感」 「会場の広さと歩きやすさ」など

「現場の声を聞き続けたTAKAKOさん」ならではの視点から

私が最高の状態で結婚式を楽しむためには どちらのドレスがいいかを アドバイスしてくださいました。

「悩む時間すら思い出にしたらいい」

「結婚式、というもの、ウエディングドレス、というものを通じて ’’未来の自分’’と出会って欲しい」

と優しく見守ってくださり、そして最後の最後には シンデレラの魔法の杖の一振りのように

「あれ?これ私のために作られたドレスじゃないのかしら!??」とまで思う

理想のドレスと出会わせてくださったTAKAKOさんには感謝しかありません。

ぜひTAKAKOさんの愛溢れるアドバイスを全身で浴びてみてください♩

理想のドレスに出会えるのはもちろん 結婚式そのものがもっともっと素敵なものになると思います。

 


出会って下さり、ご一緒できたこと生涯の宝です。

えみちゃん、ありがとうございました!

 

team LOVE

代表 木脇孝子

ブライダルスタイリストコーチTAKAKO





 
 
 
 
 
|2017年7月06日