ブライダルスタイリストを辞めたくなった時とその理由

【ブライダルスタイリストの皆さまへ】

 

 

ホームページへ、来てくださりありがとうございます。

 

これまで、30年近く、ブライダルスタイリストをやって来ました。

 

ドレスフロア



 

その内、22年間組織勤めをしました。

 

その年月の中で、2回だけ「絶対、辞めてやる!!!」と、強く思いました。

 

もちろん、「辞めてやるーーー!」とか、愚痴の様に叫ぶことは何度もありました。

 

 

身体が疲れ切って、一歩も歩けない時、心がボロボロに折れて粉々になって、

 

立つことさえ出来ない時、こんなことは数えきれないほどありました。

 

原因は、たったひとつだけ「働き過ぎ!」だと思います。

 

 

そんな状況の中、どうしても辞めたかった時が2回ありました。

 

 

1回目は、33歳の時です。

 

まだ、パート勤務だった時のことです。

 

日曜日に休む奴は、明日からタイムカードが無いと思え!」と、言われました。

 

 

当時、パート勤務でありながら、

 

ブライダルスタイリストの仕事に、引き込まれ始めていた時です。

 

 

30歳で入社して、3年目の出来事です。

 

娘小学校2年生の時、日曜日に秋の運動会がありました。

 

 

私は、パート勤務と言うコトで、月に1度だけ、日曜日に休むことが可能でした。

 

正社員であれば、日曜日に休みを取ることなど、クビを覚悟しなければいけないほどでした。

 

 

ただ、「日曜日に休むことが可能」これは、あくまでも建前

 

パート勤務でも、日曜日に休むと、かなり冷ややかな目で見られます。

 

当時のブライダル業界、多かれ少なかれこのような企業は多かったと思います。

 

 

ですが、運動会の日だけは休みましたよ!当然です!

 

 

その日は、朝から雨。

 

学校からの連絡で、運動会は、次の日曜日に延期になりました。

 

娘は、運動会はなくても、家族が揃った日曜日がとても嬉しい様子でした。

 

 

結果、初めて!月に2回、日曜日を休みました。 ← 会社の規則違反です!

 

 

そして・・・、朝礼にて、とてもきつい言葉を全身にあびました。

 

 

この時です!

 

 

「日曜日に、運動会に、休めないような仕事なら辞めます!」と、叫びました。

 

もちろん、自分が規則違反をしたのですから、それなりの覚悟はしていました。

 

結果、辞職には至りませんでしたが、待遇はかなりきつかったです。

 

 

2回目は、50歳の時です。

 

組織の中で、かなり重要なポジションを担っていました。

 

実母介護の為、辞職を伝えましたが、受け入れてもらえず困りました。

 

 

母の死が、目の前にありましたので、焦りと怒りをおぼえました。

 

そして、「一日も早く、辞めてやる!!!」と、強く思いました。

 

 

そんな気持ちであっても、それまで以上に気持ちを込めて

 

後のコトを考えて、目の前のコトをやり遂げました。

 

 

「全体の士気が下がるから、決定までは誰にも、どの部署にも知られないように!」と、言われていました。

 

それは、元より同じ気持ちでした。

 

そして、決定に至ったのは、辞職のひと月前でした。

 

 

会社側との話し合いを持ちながら、辞職まで一年近くかかりました。

 

退職後、母は三か月と16日で余命を終えました。

 

 

今にして思えば、

 

 

ブライダルスタイリストの仕事が、嫌で辞めたくなったことは一度もありません。

 

「売上ノルマが、嫌で辞めたい!」も、無かったです。

 

 

組織環境が、あまりにもハードだったので、

 

他の事が、楽しく思えていたのかもしれません。(笑。

 

 

ドレスフロア



 

過酷な組織環境でしたが

 

ブライダルスタイリストの仕事が、私を支えてくれていました。

 

こんなに好きな仕事のコトを、「天職」と言うのだと思います。

 

 

最後に、

 

 

今の私が在るのは、「過酷な組織環境」のおかげです。

 

変ですか・・・?  変ですが、本心です!

 

 

ブライダルのお仕事のみならず、世の中の仕事は、どれもこれも

 

捉え方ひとつで、「誰かの幸せに貢献できる仕事」です。

 

 

その中で、自分の幸せ感を見出すのは、自分自身の裁量です。

 

環境や、起きたコトに左右されるのは、自己の裁量の仕業です。

 

 

よって! 時を経て、心底感謝しています!!!

 

 

 

ブライダルスタイリストコーチTAKAKO

 

 

≪研修お申込み≫

 

お問い合わせ / 資料請求



 

≪参考サイト≫

 

ドレスコーディネーターに贈る卒業証書



 

ブライダルスタイリスト研修は必要ないですか?





 
 
 
 
 
|2018年9月21日