ブライダル業界|仕事には人生を歩く際の大切な術がある

こんにちは、早速ですが本題です。

 

2019年が終わりに近づき、こんなことを感じます。

 

 

とても残念ですが、社会には

さほど「人」を大切に思っていない企業もあります。

 

 

それでも、現場のスタッフは企業のために働きます。

どうにかしたい。どうにかよくしたい。

切なる願いのように、切磋琢磨している姿があります。

 

 

企業にとって「人」とは、どんな存在ですか?

疑いもせず、働く姿を見ていますか?

日常の生活を犠牲にする場合もあります。

その姿、きちんと全て見ていますか?

 

 

そこに賞賛や、承認の言葉を渡していますか?

 

 

「人」は、仕事の中で成長します。

人生の困難に、立ち向かう術を手に入れることができます。

企業へ所属しながら、人生の目的をもち

なりたい姿へ向かうための術を手に入れることができます。

 

 

まわりの環境がどうであれ!

必要な術は手にれてください!

 

 


 

 

そんな私は、組織勤のとき

人生の目標など持つ事もなく、売り上げに邁進しておりました。

 

目の前の数字と、その数字を越えることが自分を支えていました。

今思えば、実に恥ずかしい状態です。

 

 

部下には、「人生の目標を持ち、

そのために必要な技術を、組織にいながら手に入れなさい。」

と言いながら、自分は全くできていませんでした。

 

もちろん、数字を超える厳しさを体感してきたので、

接客技術を身につけることはできました。

そして、理論的に作り上げる事もできました。

 

 

 

組織を卒業して、わかったことが幾つかあります。

その内のひとつ。

 

 

社会には、組織に勤めながら人生の目標を持ち、

未来に向けて、今やるべきことに

向かっていく姿が多く点在している!

 

 


 

 

部下へ伝えていたことが、合っていた!

その安堵感と、

自分が出来ていなかった恥ずかしさがありました。

 

よって、組織を卒業してからやっと

「人生」「社会」「夢」「なりたい姿」などを考え始めました。

 

 

ブライダル業界は、閉鎖的な部分があります。

 

組織に勤めていると、

その中で完結することが多々あります。

その為に、外に向けて枠を広げたり、

つながりを持ったりする機会がとても少ないです。

 

 

これを読んでいる、ブライダルスタイリストの方々は

組織勤の方が多いのだと存じます。

その立ち位置でも、自分の人生を切り開くことができます。

 

 

貪欲に、自分を成長させるための、

仕事のやり方を身につけてください。

 

 


 

 

いつかあなたの会社にて、あなたと出会った際にも、

術を身につけてほしい強い気持ちから

わたくしは、容赦なく厳しいことを伝え続けます。

御了承いただけますようお願い申し上げます。

 

 

いつか会える日を、願って今日も勤しみます。

 

 

いつも、いつでも変わることなく

ブライダルスタイリストを応援し続けております。

最後まで、読んでくださり、ありがとうございました!

 

 

ブライダルスタイリストコーチ

TAKAKO

 

team LOVE

代表 木脇孝子





 
 
 
 
 
|2019年12月07日
ボンボンヒップ
お問い合わせ先 ブライダルスタイリスト研修 ノウハウ集 ウェディングサポート