現場リーダーのスキルアップに特化した「ブライダルスタイリスト研修!」

リーダー研修の一つです。「スキル=skill」スキルとは、ナレッジを活かす様々な能力の事。

ナレッジとは、知識、知識に付随する技術(テクニック)の事。

 

それらが、リーダーシップを発揮するには必要だと考えています。

 

また、ブライダル業界においては、リーダーの経歴が様々です。

特に、花嫁衣裳の現場(ドレスサロン)においては、経歴(キャリア)が色々です。

 

ドレスコーディネーターとして、現場をやってきた方がリーダー(店長・チーフ)の場合は女性の方が殆どです。

営業職から、リーダー(店長)になった方は男性です。

それぞれに「得意とする形」で、現場の売上を上げています。

 

ドレスコーディネートの手腕で売上を創る。営業手腕で売上を創る。どちらも似ているようですが違います。

どちらか片方では、継続的な売り上げの確保が難しくなります。能力を使い切りすぎてダウンします。

 

そして、どちらの能力(スキル)も必要です。

また、リーダーには牽引力、洞察力、深聴力、等々、必要とされるスキルだらけです!

男女の本能的スキルの違いもあります。要するに、これからを創ることのできるスキルを持って頂くしかありません。

 

それがないと、世の中が言うようにAI(人工知能)でも間に合うようになります。

 

以前、男性支配人の方から、短期マンツーマンで指導を依頼されたことがあります。

優秀な営業マンでしたが、支配人に配属されて、売上が思うほど上がらなかったからです。

結果は「思うほど上がらなかった」理由がわかり、一歩ずつですが売上も(自分も)上がってます!

そんな報告を一か月後に頂きました。

 

また、リーダー研修によく見られる傾向として、「リーダーでなければならない!」この意識が高くて、

知らないことを知らないと言えずにいるリーダーさんが多くいます。

 

キャリアを持つと

(今更聞けない、検索して分かることじゃない)「知らないこと」が「恥ずかしい事」になっているようです。

外部講師の私には、そんなホンネも教えてくれます。

 

 

ブライダルスタイリストコーチ

TAKAKO





 
 
 
 
 
|2017年10月13日