AI時代対応の提案型ブライダルスタイリスト研修へ変更

・2012年7月~2017年7月  目的:優秀な人財づくり

・2017年7月~2017年12月  新カリキュラム変更の準備期間

・2018年1月~新カリキュラム実施

 

これからの目的:「AI時代対応の提案型人間づくり」

専門家としての知識、技術、更に、その応用が求められてきます。

 

通常は、経験値、もしくは洞察力で培ってくる能力さえも、即求められてきます。

ご準備は、早めにすることで、時間をかけただけの効果がでてきます。

 

全国的にも、数少ない研修が、「ブライダルスタイリスト研修」です。

弊社が、始めた当初は、知る限りですが、同じ様な研修を実施している所はありませんでした。

 

現在も、かなり少ないと思います。

ブライダルスタイリスト、ドレスコーディネーター、ドレススタイリスト、花嫁スタイリスト、等、その名称も様々です。

 

ほとんどが、就職前の専門学校にて行われている状況です。

現場のスタイリストに向けた、外部研修制度は、日本中でも数えるほどしかないです。

 

その理由は、需要がないから。求められていないから少ない。

それは、当然ですが、求められていない事が問題です!

 

「学ぶ」「教育を受ける」「教育する」これは、企業内の教育システムでも、もちろん可能です。

 

外部講師がいなくても、先輩たちがいれば、優秀であれば、その教育制度は成り立ちます。

ですが、全てのドレスサロンが、企業内教育が可能でしょうか?

 

無理な時代に突入しています。企業内にて、教える、教育できる人材が減少しています。

 

人材確保が難しい時代に、「学ぶ」「教育を受ける」「教育する」に重きを置かずにいると、

優秀な気づきのある人材は困窮した現場から更に減少します。

 

早めの危機対策をおススメします。

現場に求められ、カリキュラム変更を致しました。

 

ブライダルスタイリストコーチTAKAKO





 
 
 
 
 
|2018年4月25日