ドレススタイリスト接客力を上げたいなら慢心しない事

ドレスコーディネーターさん、ブライダルドレススタイリストさん、

ウエディングやブライダルに関わるお仕事は全て専門職です。

 

よって、プロとしての技術や知識は必然のものに成ります。

その必然に、日々の業務から得た経験値がプラスされて、プロとして成長していきます。

 

これは、ブライダルの業界だけに非ずだと存じます。

よって、お客様と、対面でやり取りをするお仕事においては、どんな職業にも同じことが言えるのではないでしょうか?

 

ついついですが、経験値が重なってくると、場数が増えると、ある程度の事には対応できる様になってきます。

ですが、そこでやってくるのが、「慢心」です。慢心とは、おごり高ぶる心。

 

気をつけないと、大きなミスを起こしてしまいます。

 

ドレスコーディネーターの仕事は、多岐にわたります。

婚礼現場の、衣裳に関する全ての知識と技術が必要です。

 

ブライダルセレモニー、ブライダルパーティーにて、お衣裳に関するフルスタイリングを要求されます。

その上で、冠婚葬祭における衣裳の知識も必要になります。

 

それが無いと、対応できない部分が出てきます。

よって、かなりの知識情報技術量となります。もちろん、それだけやりがいもあります。

 

そこで、「慢心」にならないようにするには、

まだまだという、謙虚な気持ちを持ち続けるコトが必要と存じます。

 

キャリアが長くなると、自信も持ちたいし、謙虚さも必要。

難しいかと存じますが、キャリアを持つことが出来たコトへ、感謝していると出来てくるように思います。

 

ありがとうございます。

 

ブライダルスタイリスト研修講師 TAKAKO





 
 
 
 
 
|2018年5月22日