ショートコラム|エッセイ|メッセージ


8 / 8« 先頭...45678

 

ブライダルの仕事を長くしていると

いつも、このような質問を受けることがあります。

 

そして、自分の中への、問いかけもします。

 

・結婚とは・・・

・結婚式とは・・・

・披露宴とは・・・

 

実は、この質問の答えは、時々変わります!

自分の環境や、お客様との出会いで変わります。

 

いつの頃からか、変わることをヨシッ!と、しました。

 

そして、最近はこんな風に思います。

 

『 結婚とは・・・ 』

 

 

 

人が人を好きになって

ごく自然に、一緒にいたいと思って

いつも、一緒にいることが自然に感じて

その延長線上に、永遠という言葉が見つかって

永遠に、一緒に歩くことを望んだら結婚に辿りついた

 

別々の、違う道を歩いてきた二人が

ごく自然に、違う物も持っていると感じて

ごく自然に、同じものを持っていると感じて

近づくことで、違う物も同じものも

もっと小さなことまで、見えるような気がして

ひとつずつ見えたら、幸せになれるような気がして

それが、二人で歩く道に在ると思えたから結婚した

 

最初と、最後はとても似ているけれど

途中経過において、それぞれ違う答えがでるもの。

 

 

あなたにとって、結婚とは・・・ なんですか?

 

team LOVE  TAKAKO

今日も佳き日♡ see you

| |2014年12月04日

仕事柄、ドレスが載った雑誌はよく見ます!

 

当たり前ですが・・・

隅から隅まで!

 

そして、止まらなくなります!

眠れなくなります! \(^o^)/

 

IMG_0420[1]
こんなに素敵なドレスが・・・

山ほど載っていますから!

IMG_1041[1]
どっちが好きか・・・?!

独り言のように、自問自答しながら、にやにやしながら

 

どうして、こんなにウエディングドレスを好きになったのでしょう?

 

私と同じぐらい好きな人、この世に何人ぐらいいるのでしょうか?

私よりもっと好きな人、世界中で何人ぐらいいるのでしょうか?

 

沢山いますよねっ!

 

最近、そんな人たちに会ってみたいな! なんて、思います!

 

集まると、スッゴイことに成るかもしれませんねぇ~(笑。

 

 

よろしければ、こちらもご覧くださいませ。 ⇑ ⇑ ⇑

 

team LOVE  TAKAKO

今日も佳き日♡ see you

 

 

| |2014年11月27日

最近の出来事。岡山には、岡山ウエディング協議会という業界の団体があります。その活動は、3年目。

 

現在、日本中のブライダル業界から着目されています!

先日、リクルートゼクシィの精鋭の方々が岡山に集合して「未来座」が開催されました!

 

 

IMG_1062[1]
 

最後に、個々の目的意識を「ディプシリン」として、掲げました!

協議会メンバー30名 + ゼクシィさん30名。かなり、賑やかでした!とことん話して、具体的な未来が見えてきました!

 

1471392_731000686984840_4410544363268610464_n
 

その前にも、協議会では、「ブライダルプランナーアワード」の打合せがありました。

 

997090_713429222075320_3403785957676069547_n
 

その同じ日に、このメンバーで、夢婚の打合せもありました。他県の方が同じ業界で、これほど結束できるとは・・・ 凄い!

1959527_713437602074482_2755787522141261472_n
 

そんな、言葉を聞くことが増えました!岡山のブライダルは、熱いです!

きっと、日本中のどこのブライダル業界よりも熱いです!岡山には、きっと素敵な家族が溢れてくるはずです♪

 

team LOVE  TAKAKO

| |2014年11月23日

こんにちは!

 

お疲れ様でございます。

先日、team LOVE(チームラブ)へのお問い合わせで、こんな内容がありました。

 

「私は、ただ今子育て中の主婦ですが、学生の時からブライダルの仕事に憧れていました。

それも、ドレスを扱うブライダルスタイリストさんです。

ですが、結婚前も結婚後も普通の事務職と、受付の仕事しかしていなくて

ブライダルスタイリストになるには、何か資格が必要なのですか?

時々、求人も見ますがなんの勉強もしていないので、勇気が出なくて、申し込むことができません。」

 

こんな、内容でした。

 

実際ですが、ネットで調べたら「ブライダルスタイリストの資格」を取るには

こんなタイトルでのお知らせ募集が専門学校や、ブライダル業界の企業で見られます。

 

よって、  学生=専門学校  一般=ブライダル企業

 

そこで勉強すれば、一般の方も

「ブライダルスタイリストの資格」を取ることも、知識や技術を学ぶこともできます。

 

例えば、私は2007年にこんなところで、こんな形で資格を取得しました。

 

IMG_0752[1]
 

苗字が違うところは、それなりにご理解くださいませ。

 

これは、企業に勤めながら仕事の一環で取らせて下さったものです。

よって、此処に至るまでは実質3年かかっております。

 

ようは、資格も無いよりは、あった方がいいです。ですが・・・

自分が本当にしてみたいことであれば、面接に行く勇気を備えてください。

 

もともと、「ブライダルスタイリストの資格」はありませんでした。

資格社会が生み出したものです。

今も、入社して、現場で学ぶことの方が多いのではないでしょうか?

 

面接に行く勇気が無いようであれば、

学んでスタイリストの資格を取得しても長続きはしません!

 

ブライダルスタイリストのお仕事は

そんなに甘いお仕事でもありませんし、ブライダル業界も熾烈な競争社会です!

 

そして、現場では、資格よりも

「それ以外の要素」=「人間力」が、求められます。

 

挑戦する勇気と!

ブライダルスタイリストになる夢!を、しっかりと育んでください。

 

ちなみに・・・ 私にとって「ブライダルスタイリスト」は、天職です。

 

※このご相談を頂いたことにより、来期の計画の中に

一般の方に向けた研修制度も構築していく事の必要性を感じました。

ありがとうございました。

 

 

2014/11/1 team LOVE 代表 TAKAKO

| |2014年11月01日

 

【 シンプルウエディング 】

 

昨今、ブライダル業界でよく聞かれる単語です。

 

時代の移り変わりとともに、速いスピードで展開がなされております。

 

・シンプルウエディング

・少人数ウエディング

・会費婚

・おじょうず婚

・楽婚

・お食事会ウエディング

・フォトウエディング

・家族婚

・小さな結婚式

・ナシ婚

 

時代を繁栄する、こんなにたくさんの単語が出来上がりました。

 

こんなresearchデータもあります。

 

 

IMG_0476[1]
 

(※WJ №45 P33 P35より)

IMG_0478[1]

多様化。

どの業界も、この動きの中で既に仕組みがつくられ稼働中。

常に、動きに敏感で先を見ながらの先行投資の細やかさが必要と感じています。

過去を知り、今を動かし、先を創造し、一人ひとり分け隔てない幸せを創る。

ブライダルに関わることが出来、やはり幸せだと感じる今日この頃です。

所見は、近いうちに某セミナーにて話します。

ありがとうございました。<m(__)m>

2014/10/12 team LOVE 代表 TAKAKO

 

| |2014年10月12日
ボンボンヒップ
お問い合わせ先 ブライダルスタイリスト研修 ノウハウ集 ウェディングサポート