ブライダルスタイリスト


1 / 1212345...10...最後 »

 

【婚礼衣裳店リーダー様へ】

 

【ブライダルスタイリストの皆さまへ】

 

 

 

「ブライダルスタイリスト接客|自信をなくす時と場面」

 

 

 

こんにちは。

 

いつもブログをご覧くださり、ありがとうございます。

 

初めまして。

 

初めて、ブログを見に来てくださり、ありがとうございます。

 

 

team LOVE|ブログは、

 

ブライダル業界の方々へ向けて書くことが殆どです。

 

ですが、それ以外の職業の方々も見てくださっています。

 

 

 

そんな方々から時々、メールをいただきます。

 

内容は、応援メッセージ、共感メッセージ、

 

相談メッセージ、ありがとうメッセージ等です。

 

 

「ありがとうメッセージ」の方々は、

 

ブログの内容を読んで、

 

自分の職業に、置き換えて参考にされています。

 

 

素晴らしいです!

 

 

この「置き換え手法」ができると、

 

目の前にある、全ての事柄が自分の学びになります。

 

習慣化すると、

 

とても得をする能力が出来あがってきます。

 

 


 

 

team LOVE|ブログを、

 

どうぞ、そんな風にご活用ください。

 

 

 

さて!話しを今日のタイトルに戻します。

 

 

 

「ブライダルスタイリスト接客|自信をなくす時と場面」

 

これは、ブライダルスタイリストに限らない課題です。

 

 


 

 

人は、誰でも!誰でも、

 

この様な、自信をなくす時と場面に遭遇します。

 

いつも、毎日々、自信満々の人生なんて存在しません。

 

 

 

ブライダルスタイリストの接客において・・・

 

 

(自信をなくす時と場面)

 

・似合う衣裳が思いつかない

 

・予約をダブらせてしまった

 

・お客様の質問に答えられなかった 

 

 

そして、この事により、ミスが起こり、

 

「担当者変更」「クレーム」に繋がってしまった時です。

 

 


 

 

逆を返すと、、、

 

 

・似合う衣裳がポンポン思いつく、お客様も大満足

 

・予約はいつも完璧、なんの心配もない

 

・どんなお客様の質問にも、全てサクサク答えられる

 

 

 

こうであれば、毎日の仕事が楽しくて仕方ないはずです。

 

「自信をなくす時と場面」は、存在しないでしょう!

 

 

 

しかし、キャリアが長くても短くても、

 

「自信をなくす時と場面」は、誰にでもあります。

 

 


 

 

「自信を持つ」ために、できることがあります。

 

 

 
  • 専門の知識と技術を持つ。
 
  • 必要な自分の能力を成長させる。
 
  • 気持ちが凹まない強さを備える。
 

 

 

先ずは、

 

①、自分の仕事に対して、知らないこと、

 

わからないことを調べたり、聴いたりしながら、

 

知識と技術を今よりも増やしてください。

 

 

そして、

 

②、自分の長所を確認しながら伸ばしてください。

 

 

そして、

 

③、仕事を、仕事場を、仕事仲間を大切にします。

 

 

 

通常の業務を行いながら、自分の思考に変化が出てきます。

 

そうなるまで、一生懸命働いてみてください。

 

 

 

「ブライダルスタイリスト接客|自信をなくす時と場面」

 

 

 

解決できるのは、自分自身だけです。

 

一歩ずつ進んでみてください!

 

いつも、応援しています!

 

 


 

 

リーダーの方へ、

 

 

必要な知識や技術がないまま、お客様の前に立つのは過酷です。

 

スタッフ様の自信につながる、

 

専門知識と技術を学ぶ、時間と場所を作ってください。

 

 

企業努力のひとつとして、よろしくお願いします!

 

 

ブライダルスタイリストコーチTAKAKO

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

=まとめ=

 

 

ここまで読んで下さったあなたは

 

現場の、ブライダルスタイリストの接客力について

 

一部ですけど、知ることが出来たのではないでしょうか。

 

 

企業の顔となる、ブライダルスタイリストの

 

新規接客力を強化するためには

 

新規接客の為の、具体的な技術や知識が必要となります。

 

 

自社内での教育に限界がでてくれば

 

有効な策となるのが、外部講師による社員教育の利用です。

 

 

今回の記事が、新規接客を契約に繋ぐ為の

 

御社の参考になれば幸いです。

 

 

本日も、お読みいただきありがとうございます。

 

 

【研修お申込み】 【お問合せ】 ↓ ↓ ↓

 

お問い合わせ / 資料請求



 

 

最近、特に人気のブログです。 ↓ ↓ ↓

 

【ブライダルスタイリスト研修】外部講師は、嫌われ役でOK!



 

ドレススタイリストお客様のために接客力を上げたいなら慢心はダメ!



 

 

花嫁さまが、ドレスをたくさん試着してしまう理由

| |2019年5月21日

 

【婚礼衣裳店リーダー様へ】

 

【ブライダルスタイリストの皆さまへ】

 

 

 

「ブライダルスタイリスト研修|社内ノウハウの蓄積が必須」

 

 

 

こんにちは。

 

いつも、ブログをご覧くださり、ありがとうございます。

 

初めまして。

 

初めての方、出会って下さり、ありがとうございます。

 

 

 

さて!

 

 

チームラブの研修は、この様な企業様にもってこいの内容です。

 

 

「衣裳店の再編がこれから」

 

「今までのノウハウでは、売上が上らなくなった」

 

「新規ドレスサロン開業予定」

 

「スタッフが総入れ替えになる予定」

 

「縮小して心機一転」

 

 


 

 

他にも、様々な理由から、

 

社内ノウハウが、蓄積されていない

 

困った状況に対して、お役に立てる研修プログラムです。

 

 

チームラブの研修は、エリアを定めることなく、

 

日本中、どちらへもお伺いしております。

 

 

その際、中心都市と、地方都市の地域格差や、

 

地域現況の違いが、「大きい」と判断して伺いますが、

 

ほぼ何の違いもありません。

 

 

ドレスフロア



 

 

触れてみて、聴いてみて、話してみて、

 

その違いが無い事を知ります。

 

 

 

そして、それは何故?と、疑問に思っておりました。

 

 

 

結果、それは、「人」だからです。

 

同じ、ブライダル現場の職業人だからです。

 

 


 

 

ブライダルは「人」が作っているから、

 

作ってきたから、それが分かった時から、

 

さらに、自社の研修に力を入れるべきだと感じております。

 

 

 

(ナレッジ)(スキル)(マインド)

 

 

 

これらを、同時並行で進めていくプログラムです。

 

 

(ナレッジ)、その職に、必要な、知識と技術。

 

(スキル)、ナレッジを、動かす能力。

 

(マインド)、スキルを、成長へ導く心の体力。

 

 

ブライダルスタイリスト研修



 

 

この三本の柱が、チームラブ研修の基本軸です!

 

 

人の成長にかかせないことだらけです。

 

 

 

よって、今日学んで、明日

 

数字が上るわけではありません。

 

しかし、人が成長するスピードと

 

同じ速度で、売上が徐々に上っていきます。

 

 

 

これまでの、ブライダルスタイリストが学ぶ研修は、

 

どの研修も、知識研修ばかりでした。

 

 

 

しかし、情報化社会になり、

 

知識研修は、独学で出来る時代になりました。

 

逆に、個人の能力や、心の体力維持が

 

出来にくい社会になりつつあります。

 

 

 

だからこそ!

 

 

(ナレッジ)(スキル)(マインド)を的確に用いて、

 

理論的に組み立てた、三本の柱を研修の基本軸としています。

 

 

 

この基本軸が定まって、約5年。

 

新規接客プログラムを構築して、約2年半。

 

 


 

 

好評を得ています。

 

先に書き出した状況が、ひとつでも、

 

少しでも見え始めたら、一度お問合せください。

 

 

お待ちしております。

 

 

ブライダルスタイリストコーチTAKAKO

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

=まとめ=

 

 

ここまで読んで下さったあなたは

 

現場の、ブライダルスタイリストの接客力について

 

一部ですけど、知ることが出来たのではないでしょうか。

 

 

企業の顔となる、ブライダルスタイリストの

 

新規接客力を強化するためには

 

新規接客の為の、具体的な技術や知識が必要となります。

 

 

自社内での教育に限界がでてくれば

 

有効な策となるのが、外部講師による社員教育の利用です。

 

 

今回の記事が、新規接客を契約に繋ぐ為の

 

御社の参考になれば幸いです。

 

 

本日も、お読みいただきありがとうございます。

 

 

【研修お申込み】 【お問合せ】 ↓ ↓ ↓

 

お問い合わせ / 資料請求



 

 

最近人気のブログは、こちらです。 ↓ ↓ ↓

 

 

ブライダルスタイリスト「一番ツライこと!」はシーズン中の残業ではない



 

ブライダルの仕事、辞めたくなったら、辞めちゃう前に!ひとつだけやる事がある。



 

花嫁ドレス選び!YESマンにならない!のがブライダルのプロです!



 

| |2019年5月20日

 

【ブライダル業界の方々へ】

 

【ブライダルを愛する方々へ】

 

 

「ブライダルの仕事|「一生に一度」決め言葉の乱用は慎むべし!」

 

 

 

こんにちは。

 

いつもブログをご覧くださり、ありがとうございます。

 

初めまして。

 

初めての方、辿り着いてくださり、ありがとうございます。

 

 

さて!

 

ブライダル(ウェディング)にかかわるお仕事の現場では、

 

一日に、一週間に、一カ月で、何度くらい

 

この言葉を、発していらっしゃいますでしょうか?

 

 

 

「一生に一度」

 

 


 

 

業界では、あたり前に使う言葉になっていると思います。

 

この言葉は、慣例化している状況だと思います。

 

 

結婚式は、一生に一度であって欲しいと願う、

 

日本人の感覚が、そこに作用していると存じます。

 

当然と言えば、当然なのでしょうが・・・?

 

 

注意してほしいです!

 

 

「一生に一度ですから・・・」

 

「一生に一度の事なので・・・」

 

「一生に一度でもありますから、せっかくなら・・・」

 

 

 

この様に、お客様に、

 

なにかを、

 

決めていただきたい時、使うことが多くなっていませんか?

 

 

であれば、乱用は慎むべし!です。

 

 

 

例えば、お客様の気持ちの中に、

 

 

「一生に一度だから、こうでなければいけない・・・」

 

「一生に一度だから、これがあたりまえ・・・」

 

 

この様に、お気持ちを

 

制御させること等が、無いようにお願いしたいです。

 

 

ウエディングドレス
 

 

接客が慣れてくると、

 

どうしても、同じような対応にもなりがちです。

 

そして、同じ言葉を乱用するようになります。

 

 

 

「一生に一度」

 

 

この言葉が、自分たちにとっての

 

魔法の言葉になりませんようお気をつけください。

 

 

時々、立ち止まって考えてほしいです。

 

その接客。

 

その言葉。

 

その対応。

 

 

本当に、お客様の

 

お気持ちを思った対応に成っていますでしょうか?

 

 


 

 

「一生に一度」

 

 

この言葉は、お客様の言葉です。

 

お客様の切なる願いを表現した言葉です。

 

しいて言えば、お客様のものです。

 

 

お客様に、ご契約を促す時に使う言葉ではありません!

 

接客者として、ブライダル従事者として、

 

魔法の言葉になりうる言葉は、他にいくらでもあります。

 

 

 

ジューンブライド(6月の花嫁)を前にして、

 

お忙しい時期だと存じます。

 

 

頑張ってください。いつも、応援しています!

 

 

ブライダルスタイリストコーチTAKAKO

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

=まとめ=

 

 

ここまで読んで下さったあなたは

 

現場の、ブライダルスタイリストの接客力について

 

一部ですけど、知ることが出来たのではないでしょうか。

 

 

企業の顔となる、ブライダルスタイリストの

 

新規接客力を強化するためには

 

新規接客の為の、具体的な技術や知識が必要となります。

 

 

自社内での教育に限界がでてくれば

 

有効な策となるのが、外部講師による社員教育の利用です。

 

 

今回の記事が、新規接客を契約に繋ぐ為の

 

御社の参考になれば幸いです。

 

 

本日も、お読みいただきありがとうございます。

 

 

【研修お申込み】 【お問合せ】 ↓ ↓ ↓

 

お問い合わせ / 資料請求



 

 

最近、よく読んでくださっているブログです。 ↓ ↓ ↓

 

【6】ドレス仕入が厳しい今!注目すべきはココへのテコ入れ!



 

花嫁スタイリストの皆さま。そのお仕事の醍醐味は何ですか?



 

ブライダルスタイリスト 仕事内容 さらに複雑化してきた理由

| |2019年5月19日

 

【ブライダルスタイリストの皆さまへ】

 

【ドレスショップリーダー様へ】

 

 

「ブライダルスタイリスト研修|東北の結婚式場さまにて実施!」

 

 

こんにちは。

 

いつも、ブログをご覧くださり、ありがとうございます。

 

 

又、初めてご覧くださっている方!

 

見つけてくださり、ありがとうございます。

 

 

 

先日、自社の「ブライダルスタイリスト研修」が、

 

東京を越えて、東北の地へ伺うことができました。

 

 

東北からご依頼いただき、実施したのは初めてです。

 

 


 

 

どんな婚礼文化に、出会うのだろうか?

 

どんな事柄が、現場の課題なのだろうか?

 

まったく想像を超えた部分に出会うかもしれない。

 

 

そんな、戸惑いに似た

 

期待を抱きながら、3日間の研修へ挑みました。

 

 

もちろん、どの様な状況であれ

 

研修プログラムを変えることはありません。

 

 

ですが、先様の状況を感知したら、

 

組み立て方を変えていく事はあります。

 

 

今回は、1日目の後半から、組み立て方をすこし変えました。

 

 

詳細や、具体的な部分は

 

公表できませんが、少し書いてみます。

 

 

 

1日目:「新規接客ドレス契約の入口から出口まで」

 

 

第一印象~接客~契約~スタイリング

 

 

1日目は、5時間の研修プログラムです。

 

結構ハード、かなりハードです。

 

休憩も1度だけです。

 

モデルさんと、フィッターさんは休憩を取ることも出来ません。

 

 

先ずは、3日間の研修にて

 

「大切な心構え」をお伝えします。

 

そして、3日間の研修の

 

「軸になる考え方」をお伝えします。

 

 

それから、やっとスタートして、

 

第一印象を作るために必要な、

 

ご来店前の準備のお話しをします。

 

 

ヒヤリング、カウンセリングの重要性。

 

効果的な接客手順、セレクト法、心にとどく話法、クロージング。

 

着付け術、コーディネート、スタイリング、

 

接客所作、ドレスプレゼンにて終了です。

 

 


 

 

一日目は、それに一つだけ足しました。

 

理由は・・・。

 

様々な部署の方がご参加でしたから、

 

最後に、コミュニケーションの時間を取りました。

 

 

このような形で、一日目が終了いたしました。

 

 

 

2日目:「新規接客MEN’S契約の入口から出口まで」

 

 

前日、一日目の振り返りからスタートです。

 

そして、昨日と同じ「大切な心構え」

 

「軸になる考え方」の再確認からスタートです。

 

 

振り返りを行うことで、

 

再度学び直す事ができます。

 

 


 

 

そして、MEN’S接客の第一印象からはじまり、

 

最後のプログラムスタイリング、接客所作にて終了致しました。

 

 

この日も、プラスで

 

コミュニケーションの時間を最後に設けました。

 

 

 

3日目:「新規接客和装契約の入口から出口まで」

 

 

前日と、前々日の振り返りからスタートです。

 

二日分を振り返ると、

 

さらに、新しい気づきが生まれてきます。

 

 

そこを整えてから、和装の試着へ入りました。

 

 

和装こそ、接客所作と

 

第一印象が、契約の決め手になります。

 

 


 

 

和の文化を伝えながら、第一印象から、

 

ヒヤリング、カウンセリング、接客手順、セレクト、話法。

 

クロージングへと進めました。

 

 

最後に、それぞれの

 

意思表示をして、最終といたしました。

 

 

 

三日間のプログラムは、ハードです。

 

ですが、ここから得たことは、

 

仕事だけでなく、

 

人生の、様々な場面にて役に立てることができます。

 

 

このような、売上を上げる為の

 

新規接客に特化した、ブライダルスタイリスト研修です。

 

 

どうぞ、ご検討くださいませ。

 

お問合せは、下記からお願いいたします。

 

 

ブライダルスタイリストコーチTAKAKO

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

=まとめ=

 

 

ここまで読んで下さったあなたは

 

現場の、ブライダルスタイリストの接客力について

 

一部ですけど、知ることが出来たのではないでしょうか。

 

 

企業の顔となる、ブライダルスタイリストの

 

新規接客力を強化するためには

 

新規接客の為の、具体的な技術や知識が必要となります。

 

 

自社内での教育に限界がでてくれば

 

有効な策となるのが、外部講師による社員教育の利用です。

 

 

今回の記事が、新規接客を契約に繋ぐ為の

 

御社の参考になれば幸いです。

 

 

本日も、お読みいただきありがとうございます。

 

 

【研修お申込み】 【お問合せ】 ↓ ↓ ↓

 

お問い合わせ / 資料請求



 

 

最近、よく読まれている人気のブログです。 ↓ ↓ ↓

 

花嫁新規接客ブライダルスタイリストが経験する|二つのしんどさとは?



 

ブライダルスタイリスト 向いている人|向いていない人の違い!



 

ブライダルスタイリスト 仕事内容 さらに複雑化してきた理由



 

 

最後まで、読んでくださりありがとうございました!

 

 

| |2019年5月18日

 

【ブライダルスタイリストの方々へ】

 

 

ブライダルスタイリスト研修|基本知識は自ら取得してご参加ください

 

 

こんにちは。

 

いつも、ブログをごらんくださり、ありがとうございます。

 

初めての方も、ありがとうございます。

 

 

ブライダルスタイリストコーチのTAKAKOと申します。

 

ブライダルスタイリストの方々に特化した

 

ブライダルスタイリスト研修をおこなっております。

 

 


 

 

内容は、こちらのページから、じっくりとご覧ください。

 

 

2019.売上を上げる為の「新規接客に特化した!ブライダルスタイリスト研修」



 

 

 

研修の内容は、新規接客に特化した、

 

売上を上げる為の接客技術研修です。

 

ドレスサロン、婚礼衣裳店の現場接客に特化しています。

 

 

 

新規接客は、

 

平均2時間~2時間半くらいの接客時間が予定されています。

 

その時間の中で、衣裳をお見せして、

 

選んで、試着して、気に入っていただいて、

 

説明して、納得の上で喜んでご契約いただく。

 

 

これが新規接客一連の流れです。

 

 

 

新規接客のために持っていていただきたい3つ!

 

 

知識は、

 

婚礼衣装に関する基本知識を、研修前から持っていてください。

 

以前(5年くらい前)は、知識研修も行っていました。

 

ですが、現在のスタイリスト研修へは、

 

知識に関するプログラムはいれておりません。

 

 

何故ならば、情報がインターネットの世界に在るからです。

 

研修にてお伝えしるのは、時間的に勿体ないです。

 

自ら、調べて習得してください。

 

 


 

 

ただ注意点があります。

 

情報が、あまりにも沢山ありますので、

 

情報を選ぶ能力が必要になります。

 

 

先ずは、同じ内容に関して調べる情報数は、

 

3種類(3サイト)は必ず見る様にしてください。

 

よろしくお願い致します。

 

 

技術は、

 

13時間の、スタイリスト研修にて十分にお伝えして参ります。

 

 


 

 

 

情報は、

 

スタイリスト研修の中に組み込んでいます。

 

現在の世の中の動きを合せて、お伝えして参ります。

 


 

 

 

13時間のスタイリスト研修は、とてもハードです。

 

 

その後の接客が様変わりしますので、

 

がんばって取り組んでください。

 

 

また、8時間・10時間の

 

フォローアップ研修をお受け頂くと、さらに力がつきます。

 

 

業務的に、年がら年中時間が無い!

 

そんな状況だと存じますが、最後は人です。

 

 

自分に勝つことが出来る人材の育成が必須です。

 

どうぞ、ご検討くださいませ。

 

 

 

ブライダルスタイリストコーチTAKAKO

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

=まとめ=

 

 

ここまで読んで下さったあなたは

 

現場の、ブライダルスタイリストの接客力について

 

一部ですけど、知ることが出来たのではないでしょうか。

 

 

企業の顔となる、ブライダルスタイリストの

 

新規接客力を強化するためには

 

新規接客の為の、具体的な技術や知識が必要となります。

 

 

自社内での教育に限界がでてくれば

 

有効な策となるのが、外部講師による社員教育の利用です。

 

 

今回の記事が、新規接客を契約に繋ぐ為の

 

御社の参考になれば幸いです。

 

 

本日も、お読みいただきありがとうございます。

 

 

【研修お申込み】 【お問合せ】 ↓ ↓ ↓

 

お問い合わせ / 資料請求



 

 

最近人気のブログです。 ↓ ↓ ↓

 

ブライダルスタイリスト研修|講師の目的は受講スタッフの目的を超えて欲しい!



 

 

【1】ブライダル現場には「自己成長」が下降する要素はない



 

 

ブライダルスタイリスト新規接客をしたくない!その理由は戸惑いです!



 

 

| |2019年4月18日

 

【ドレスショップリーダーさま】

 

【ブライダルスタイリストの皆さまへ】

 

 

マタニティー花嫁|接客についてアドバイス

 

 

僭越ながら、少しお伝えできればと思いました。

 

 

少し前から、

 

授かり婚が、減少傾向にあるとされています。

 

現場へ伺いながら、その傾向を感じていました。

 

 

ただそれは、初婚年齢が

 

上がったからに過ぎない様にも思います。

 

そして、ドレスサロンによっても

 

マタニティー花嫁さまの割合はかなり違います。

 

 


 

 

 

極端なドレスサロンさんでは、

 

お客様の半分がマタニティー花嫁さまの場合もあります。

 

10%満たなドレスサロンさんもあります。

 

その割合が少ないドレスサロンほど、

 

ブライダルスタイリストの、年齢が若く未婚者の方が多いです。

 

 

 

そんな、少なくなってきた

 

マタニティー花嫁さまではありますが、

 

現場(ドレスサロン)の様子を見ていると

 

当然のことながら、経験が無いスタッフでは

 

そのお気持ちや、体の事が・・・

 

 

分かりづらい感じが、多々見受けられます。

 

よって、少しだけ気を付ける事をお伝えします。

 

 

先ずは、分かりすぎるほどの特別扱いはしない。

 

 


 

 

何故ならば、どのお客様も、

 

特別扱いして欲しいと思っています。

 

気遣いや優しさは、どのお客様に対しても

 

同等に分け隔てなく、気持ちを添わせてください。

 

 

 

マタニティー花嫁さまに大切なのは!

 

 

お体について、繊細に気づかう事です。

 

 

ご本人も、初めての場合が多いと思います。

 

ご自分の体調に対して、わからない事だらけです。

 

 

わからずに無理をする時があります。

 

体を気遣う細やかな声かけをしてください。

 

 

ブライダルスタイリストコーチ



 

 

初来店の時に伝えてほしい言葉があります! ↓

 

 

 

ブライダルスタイリストへ贈る|魔法の言葉100選

 

 

↑ 上記へ、掲載の言葉です。

 

研修をお受けくださった企業様には

 

20綴り、プレゼントしています。

 

 


 

 

「ママと同じように、何よりも、

 

お腹の赤ちゃんがいちばん大事です。第一優先です。」

 

 

「ご来店の予約など、来られてからの予定など、

 

なにかあれば遠慮なく即座にキャンセルしてください。

 

無理はダメです。」

 

 

「二つの命、どちらも大切にして下さい。」

 

 

「同じ女性として「愛おしい」気持ちが、よくわかります。」

 

 

 

婚礼のご準備と、母になるご準備と日常の生活。

 

あわただしい日々のはずですから、

 

くれぐれも、無理をしない様にお伝えください。

 

 

優しい気持ちが伝わって、きっとホッとされますよ。

 

 

ドレスフロア



 

 

ブライダルスタイリストは、未婚の方が多くいらっしゃいます。

 

マタニティー花嫁さまの気持ちが

 

手に取るように理解するのは出来ませんが、

 

優しい声かけは、いつでもできるはずです。

 

 

 

春の婚礼、現場は大忙しだと思います。

 

大変ですが、新規接客も、頑張ってください。

 

応援しています。

 

 

 

ブライダルスタイリストコーチTAKAKO

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

=まとめ=

 

 

ここまで読んで下さったあなたは

 

現場の、ブライダルスタイリストの接客力について

 

一部ですけど、知ることが出来たのではないでしょうか。

 

 

企業の顔となる、ブライダルスタイリストの

 

新規接客力を強化するためには

 

新規接客の為の、具体的な技術や知識が必要となります。

 

 

自社内での教育に限界がでてくれば

 

有効な策となるのが、外部講師による社員教育の利用です。

 

 

今回の記事が、新規接客を契約に繋ぐ為の

 

御社の参考になれば幸いです。

 

 

本日も、お読みいただきありがとうございます。

 

 

【研修お申込み】 【お問合せ】 ↓ ↓ ↓

 

お問い合わせ / 資料請求



 

 

こちらのブログも、よく読まれています。 ↓ ↓ ↓

 

ブライダルスタイリスト|メリットとデメリットを感じた場面



 

ブライダルスタイリスト研修「トレーニング」シリーズ①~⑦まとめ



 

2019.売上を上げる為の「新規接客に特化した!ブライダルスタイリスト研修」



 

| |2019年4月10日

 

【ドレスショップリーダー様へ】

 

【ブライダルスタイリストの方々へ】

 

 

「ブライダルスタイリスト 仕事内容 さらに複雑化してきた理由」

 

 

こんにちは。

 

ブライダルスタイリストコーチのTAKAKOです。

 

 

このタイトル、いかがですか?

 

普段のお仕事、どの様に感じていますか?

 

いつも、いつもと変わらないでしょうか?

 

 

近年、1年くらいは変わらないです。

 

よって、ブライダルスタイリストになって

 

1年目くらいの方は、あまり変化を感じないでしょうね!

 

でも、またまた変わってきますよ!

 

 


 

 

そして、変わらないと言っても、

 

「スピード感」は、常に加速しています。

 

 

加速し始めた時期は、2000年ころ。

 

 

ウエディング業界にて、

 

式場のパックプランが主流になってきた頃です。

 

 

日本中で、チャペルが

 

ドンドン立ち上がり始めたころです。

 

 


 

 

あれから、婚礼衣裳へも急速な変化が訪れました。

 

年々、変化スピードは

 

止まることなく動きつづけています。

 

 

実は、婚礼衣装は、

 

それまでは、割とのんびりしていました。

 

 

地域でのシェア獲得合戦は、

 

各地盛んではありましたが、現場においては、

 

①接客、②荷造り、③ブライダルフェアに追われるぐらいでした。

 

 

1989年に入社して、10年ぐらいは

 

特別な、画期的な変化は感じませんでした。

 

 

ドレスフロア



 

 

ドレスブランドや、流行が徐々に変化していたくらいです。

 

全てが、アナログの世界観でした。

 

 

あれから19年の間に、

 

かなり現況の変化があり、仕事内容は劇的な変化です。

 

 

複雑化は、仕事内容の事ですが、

 

その要因は、社会変化があったからです。

 

 

では、複雑化してきた内容はこちらです。 ↓ 

 

 

 

①接客において、複雑化した仕事内容。

 

 

◆お客様心理が多様化した事により、

 

細やかな対応が必要になった。

 

◆ニーズ(挙式形態)の多様化により、

 

あらゆる挙式形態の知識が必要になった。

 

◆ドレスデザインが、

 

増えたことにより感性を磨く必要性が増した。

 

◆一般婚礼知識が低下してきたので、

 

プロとしての知識がより必要とされている。

 

◆予算の幅が2極化しているので、

 

個々の顧客に合せた予算設定の上下どちらも必須。

 

◆個性的なお洒落感が増してきたので、

 

スタイリング技術の高度さを求められる。

 

ブライダルスタイリスト研修



 

 

 

②荷造りにおいて、複雑化した仕事内容。

 

 

◆商品デザイン(ブランド)が

 

増えたことにより、管理時間が増えた。

 

◆コーディネートの

 

細やかさから、荷造り商品が増えた。

 

◆前撮り、後撮り、ロケーション撮影など

 

多様化した事により、荷造り頻度が増えた。

 

◆持込み商品が増えたことにより、確認項目が増えた。

 

◆補正箇所が増えたことにより、チェック時間も増えた。

 


 

 

 

③ブライダルフェアにおいて、複雑化した仕事内容。

 

 

◆予約時間の変更頻度が高くなり、対応時間が増えた。

 

◆予約ツール(SNS)が多様化して、

 

確認の細やかさが必要になった。

 

◆一組の参加回数が増えて、対応時間が増えた。

 

 

 

④今までなかった事に、追加された仕事内容。

 

 

◆ネット(SNS)対応能力が必要になった。

 

◆ネット(SNS)管理能力が必要になった。

 

◆体力、知力、気力、共に必要性が増える。

 


 

 

 

⑤これからの為に、追加する仕事内容。

 

 

◆顧客ニーズの多様化が更に広がり、

 

新たなサービステクニックが必要になる。

 

 

 

まだまだ、あります。

 

一旦ここまで。

 

これだけでも、

 

かなり複雑化してきたことがわかります。

 

 

 

全てへの対応は厳しい時代です。

 

過度なサービスが必要、必然ではありません。

 

サービスの、整理整頓整列が必要です。

 

 

特化した、人間力を強化し

 

対応することが必然です。

 

 


 

 

大変な時代ですが、

 

ブライダルの現場には、「ブライダルの力」があります。

 

やりがいも備わっています。

 

どうぞ、頑張ってください!

 

いつも、応援しています!

 

 

ブライダルスタイリストコーチTAKAKO

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

=まとめ=

 

 

ここまで読んで下さったあなたは

 

現場の、ブライダルスタイリストの接客力について

 

一部ですけど、知ることが出来たのではないでしょうか。

 

 

企業の顔となる、ブライダルスタイリストの

 

新規接客力を強化するためには

 

新規接客の為の、具体的な技術や知識が必要となります。

 

 

自社内での教育に限界がでてくれば

 

有効な策となるのが、外部講師による社員教育の利用です。

 

 

今回の記事が、新規接客を契約に繋ぐ為の

 

御社の参考になれば幸いです。

 

 

研修お申込みの場合は、こちらをクリックするとできます。

 

 

本日も、お読みいただきありがとうございます。

 

 

【研修お申込み】 【お問合せ】 ↓ ↓ ↓

 

お問い合わせ / 資料請求



 

 

よく読まれている記事はこちらです。 ↓ ↓ ↓

 

 

ブライダルスタイリスト 本音を言えば|見た目と逆!かなり男前です!



 

 

2019.売上を上げる為の「新規接客に特化した!ブライダルスタイリスト研修」



 

 

花嫁カウンセリング「好きなドレス」が最も似合うドレスとは限らない!



 

 

最後まで、読んでくださり、ありがとうございます。

 

| |2019年4月08日

 

【ドレスショップリーダーの方へ】

 

【ブライダルスタイリストの方々へ】

 

 

 

「ブライダルスタイリスト 向いている人|向いていない人の違い!」

 

 

この記事は、これまでの経験に基づき書きすすめます。

 

個人的見解として、ご理解ください。

 

 

「向いている人|向いていない人」

 

これを、単純には決めることはできないです。

 

 

一人の人間のなかに、向いている部分と、

 

向いていないかもしれない

 

その部分が重なり合っているからです。

 

 


 

 

よって!ひとつのコトだけで、

 

「向いている人|向いていない人」を

 

決めつける様なことだけはしないでください!

 

 

仮に、複数の「向いていないかもしれない」部分があっても、

 

たったひとつの「向いている」

 

この部分が、飛躍的に伸びる時もあります。

 

 


 

 

人財育成のリーダーの方は、この見極めが必要です。

 

育成は、長い目でいたほうが、

 

とても良い結果を残せることが多いです。

 

 

これらを踏まえて、

 

「ブライダルスタイリスト 向いている人|

 

向いていない人の違い!」を書きすすめます。

 

 

 

先ずは、「ブライダルスタイリスト 向いている人」

 

 

◆ おしゃれが好き

 

◆ 花嫁さまが好き

 

◆ 婚礼衣裳に興味がある

 

◆ 結婚式に感動した

 

◆ スタイリングが好き

 

◆ 体力がある

 

◆ 自分の可能性に挑戦したい

 

 

7つあります。

 

 

 

これらは、

 

どれかひとつあるだけで

 

「向いている人」と、判断できます。

 

 

または、

 

向いている人に成れる可能性がある方です。

 

 


 

 

追加が二つあります。

 

 

◆ ひとつのコトを仲間と達成したい

 

◆ 一人でこつこつ作るのが好き

 

この二つは、どちらでも構いません。

 

 

 

ブライダルスタイリストの仕事は多様化しています。

 

「 向いている人|向いていない人」

 

あてはめて、一概にはいえない部分です。

 

 

 

次は、「ブライダルスタイリスト 向いていない人」

 

 

これは、前項の

 

「ブライダルスタイリスト 向いている人」の逆です。

 

 

● おしゃれが嫌い

 

● 花嫁さまが嫌い

 

● 衣裳に興味はない

 

● 結婚式に感動しない

 

● スタイリングが嫌い

 

● 体力がない

 

● 自分の可能性に挑戦したくない

 

 

これらが、ひとつでも当てはまると、

 

向いていない判断材料になります。

 

 

又は、ブライダルスタイリストの仕事

 

現場仕事の、継続がとても厳しくなります。

 

そして、共に働く

 

仲間とのコミュニケーションが難しいです。

 

他の職種に興味を持つことをおススメします。

 

 

 

では、「向いている人|向いていない人の違い!」

 

 

ブライダルスタイリストに必要な事柄を、

 

とても、好きであるか否かだけです。

 

 


 

 

書き出した7つの事柄は、

 

ブライダルスタイリストとして、

 

お客様と接する時、どれもこれも必要な事ばかりです。

 

 

ブライダルスタイリストとして、

 

最初はひとつしかあてはまらなくても、

 

二つ目、三つ目と増やしていく事が可能です。

 

 

 

ブライダルの現場には、

 

「ブライダルの力」があります。

 

 

どうぞ、頑張ってください!いつも、応援しています!

 

 

ブライダルスタイリストコーチTAKAKO

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

=まとめ=

 

 

ここまで読んで下さったあなたは

 

現場の、ブライダルスタイリストの接客力について

 

一部ですけど、知ることが出来たのではないでしょうか。

 

 

企業の顔となる、ブライダルスタイリストの

 

新規接客力を強化するためには

 

新規接客の為の、具体的な技術や知識が必要となります。

 

 

自社内での教育に限界がでてくれば

 

有効な策となるのが、外部講師による社員教育の利用です。

 

 

今回の記事が、新規接客を契約に繋ぐ為の

 

御社の参考になれば幸いです。

 

 

研修お申込みの場合は、こちらをクリックするとできます。

 

 

本日も、お読みいただきありがとうございます。

 

 

【研修お申込み】 【お問合せ】 ↓ ↓ ↓

 

お問い合わせ / 資料請求



 

よく読まれている記事はこちらです。 ↓ ↓ ↓

 

ブライダルスタイリスト 本音を言えば|見た目と逆!かなり男前です!



 

2019.売上を上げる為の「新規接客に特化した!ブライダルスタイリスト研修」



 

【3】ブライダル新規接客の醍醐味は「人に興味をもつか?もたないか!」

| |2019年4月02日

【ドレスサロンリーダー様へ】

 

【ブライダルスタイリストの皆さまへ】

 

 

 

「ブライダルスタイリスト|

 

メリットとデメリットを感じた場面」

 

 

 

メリット・デメリットの意味

 

・メリット(merit

 

「自分(または他人)にとって得(好都合)になる」

 

・デメリット(demerit)

 

「自分(または他人)に起こる悪い内容」

 

 


 

 

30年間ブライダルスタイリストを続けてきて、

 

現場を直視した22年間、現場を客観視した8年間。

 

メリットも、デメリットも半々だったように感じる。

 

 

相反する意味合いなので、今思えば、

 

どちらにも、捉える事ができることばかりである。

 


 

 

では、現場を直視した

 

22年間を思い起こしながら書きすすめます。

 

 

 

デメリット(demerit)

 

 

 

・意外と体力が必要・

 

意外と商品が重いです。

 

2~3点まとめて動かしますので腕力は必要です。

 

立ち仕事なので、脚力も必要です。

 

その為、体力がない方は、選ばない方がよいです。

 

 

 

・手先の器用さが必要・

 

壊れたアクセサリーを直す。

 

細やかなドレスの補正(手縫い)がある。

 

その為、ネイルなど長い爪はムリ。

 

 


 

 

 

・身だしなみが徹底されている・

 

ほとんどのドレスサロンが制服です。

 

ヘア、爪、メイク、アクセサリー、制服の管理、

 

身だしなみの清潔さ、品格は常に求められます。

 

その為、仕事以外の時間で、

 

様々な自己管理の時間が必要です。

 

 

 

・土日祝日は、休めない・

 

サービス業は全て同じですが、人が遊ぶときに働く職業です。

 

その為、家族との時間や、友人との時間が制限されます。

 

 

 

・数字(売り上げ管理)への厳しさと理解力が必要・

 

売上のノルマの有無は様々ですが、

 

接客中に様々な計算をしますので、

 

数字には強くなくては務まらないです。

 

その為、接客が好きな人でも、

 

接客を嫌いになることがあります。

 

 


 

 

 

・一日中喋っている・

 

土日は、一日中接客なので喉を傷める事があります。

 

その為、風邪を引いて声が出ないと仕事に成りません。

 

 

 

・コミュニケーション能力を強く求められる・

 

お客様とのコミュニケーションもですが、

 

ブライダルは、仲間や業者さんと作りあげていきますので、

 

その関係がとても重要です。

 

その為、自分勝手な言動、

 

行動はチームで疎外されることもあります。

 

 

 

・身内の結婚式は、自社(自社関係)の式場を使う・

 

その為、家族にお願いする場面がでてくる。

 

 


 

 

 

・食事は、定時には出来ない・

 

スケジュールは、お客様に合せるので、

 

思う様に動けない事がある。

 

その為、体調管理ができないと体を壊す。

 

 

 

・担当した花嫁さまに式当日会えない・

 

ドレスサロン(衣裳店)は、土日が稼ぎ時ですから、

 

土日の婚礼へ出向くことはできません。

 

その為、完璧(100%)に出来上がった、

 

花嫁姿を見ることは出来ません。

 

 

 

ここまで、10のデメリットを書きました。

 

これら、10のデメリットは、

 

全てメリットになる可能性を持っています。

 

 

 

ブライダルスタイリストのメリットは?

 

 

10のデメリット=10のメリット +最大のメリット

 

 

 

最大のメリットは、、、

 

 

女性が花嫁になる時、

 

過去最高の美しさを手にいれたい時、

 

担当として、花嫁の美しさをつくる

 

「一生に一度の人」になります。

 

これは、誰にもできない役目です。

 

 


 

 

プランナーさんも、美容師さんも、カメラマンさんも、

 

お友達も、お母さんも、新郎様だって無理です。

 

 

 

ブライダルスタイリストにしかできない仕事です。

 

最大のメリットだと存じます。

 

 

ブライダルスタイリストを続けていく事で、

 

花嫁の、「一生に一度の人」に、何度でもなれます。

 

 

 

体力、気力、知力、全てを求められる仕事ですが、

 

それだけ、やりがいのある仕事でもあります。

 

 

頑張ってください!いつも、いつでも応援しています!

 

 

ブライダルスタイリストコーチTAKAKO

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

=まとめ=

 

 

ここまで読んで下さったあなたは

 

現場の、ブライダルスタイリストの接客力について

 

一部ですけど、知ることが出来たのではないでしょうか。

 

 

企業の顔となる、ブライダルスタイリストの

 

新規接客力を強化するためには

 

新規接客の為の、具体的な技術や知識が必要となります。

 

 

自社内での教育に限界がでてくれば

 

有効な策となるのが、外部講師による社員教育の利用です。

 

 

今回の記事が、新規接客を契約に繋ぐ為の

 

御社の参考になれば幸いです。

 

 

研修お申込みの場合は、こちらをクリックするとできます。

 

 

本日も、お読みいただきありがとうございます。

 

 

【研修お申込み】 【お問合せ】 ↓ ↓ ↓

 

お問い合わせ / 資料請求



 

 

この記事を読まれた方は、こんな記事も読まれています。

 

2019.売上を上げる為の「新規接客に特化した!ブライダルスタイリスト研修」



 

ドレスコーディネーターに贈る卒業証書



 

【ブライダルスタイリスト研修】外部講師は、嫌われ役でOK!



 

 

 

| |2019年3月27日

【ブライダル業界の方々へ】

 

【ブライダルスタイリストの皆さまへ】

 

 

 

≪心の体力とは?シリーズ気持ち編(7)≫

 

 

「一生に一度の結婚式

 

「一緒に泣ける」ブライダル担当者」

 

 

 

いよいよ、「心の体力とは?」と題して、

 

シリーズ化してきた「気持ち編」

 

今回の7回目でラストです。

 

 

 

初回でもお伝えしたことを少し振り返ります。

 

 

 

=チームラブの研修はすべて、

 

knowledge、skill、mindの要素を含んでおります。

 

knowledge、skillは、公開できませんが、

 

mindの部分を大枠で公開いたします。=

 

 

 

このお約束からスタートした、「気持ち編」です。

 

「knowledge、skill、mind」

 

この3つの要素を同時進行で研修する。

 

 

これが特徴でもあり、確実に

 

人が成長するために大切なことと考えています。

 

 


 

 

「マインド=気持ち心の体力」

 

この部分は、とても重要な要素です。

 

 

今回、ブログでの公開は、

 

さわりだけですが、7回に分けてお伝えしてきました。

 

 

では、7回目を書きすすめます。

 

 

 

ブライダルの仕事にかかわった方、

 

担当者として挙式当日を共に過ごした方、

 

一度は、思わず涙を流した経験があると思います。

 

 

それは、人として感動した証し!です。

 

 


 

 

それは、何回くらいでしょうか?

 

数えきれないほどですか?

 

 

それとも、泣かないように我慢してるから、

 

数えるほどでしょうか?

 

 

たくさん泣けばいいと思います!

 

 

 

私がこの世界に入ったころ、約30年前ですが、

 

ブライダルの現場で泣くのはダメな奴でした。

 

それを強要されるので、一時泣かなくなりました。

 

 

泣くやつ=ダメな奴=

 

弱いやつ=できないやつ=根性なし

 

 

当時の、そんな構造が今では笑えます。

 

余談ですが、そのような企業体質だったので、

 

悔し涙はよく流しました。(笑)

 

 

 

そして、最近思うのですが、

 

感情のままに、素直に、感動して

 

涙を、たくさん流せばいいと思います。

 

 


 

 

ただ、感情を動かすとそこにいたくなります。

 

感動って心地いいですから。

 

 

でも、仕事中です!

 

 

全てを前に向けて進めなければいけません!

 

 

 

よって、自分の感情を

 

切り替えるコトができるようになってください。

 

 

 

その方法は、中途半端な技術ではなく、

 

誰にも負けない技術を持つことです。

 

 

感情にとどまらない技術を持つことです。

 

 

ブライダル企業 差別化対策 スタイリスト研修 ブライダルスタイリスト資質と性質 ブライダル人 ブライダル企業経営者 チームラブ はなよめ塾 プロモーション 婚活パーティー ブライダル業界誌 ブライダル基礎知識 体力勝負の仕事 クロージング ドレスご契約 花嫁衣裳契約 衣裳店の売り上げ ドレスサロン 衣裳仕入れ ブライダルスタイリストトレーニングもっとずっと安心 花嫁の笑顔 似合うドレス 好きなドレス 花嫁さま 売上アップ研修 企業内研修 ドレスコーディネーター研修 和装花嫁研修 ブライダル業界人材育成 ブライダルスタイリスト研修 ブライダルスタイリストコーチ ウエディングドレス ドレスコーディネーター

ブライダルスタイリストコーチ



 

せっかくブライダルと言う仕事に出会ったのですから、

 

たくさん感動して、たくさん涙を流して、

 

たくさんの技術を習得して、

 

自分で自分を、

 

誇れるほどの仕事をしてください!

 

 

 

そんなスタッフが、ドレスサロンに増えたら

 

もっともっと幸せ感あふれる、

 

ブライダルの世界観ができあがります。

 

 

 

いつも、ブライダルスタイリストを応援しています!

 

 

 

≪心の体力とは?シリーズ気持ち編≫

 

ここまで、興味を持ってご拝読下さり

 

ありがとうございました!

 

 

 

次回のシリーズは、≪トレーニング編≫

 

技術強化のための、

 

トレーニング方法をお伝えして参ります。ご期待ください。

 

 

ブライダルスタイリストコーチTAKAKO

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

=まとめ=

 

 

ここまで読んで下さったあなたは

 

現場の、ブライダルスタイリストの接客力について

 

一部ですけど、知ることが出来たのではないでしょうか。

 

 

企業の顔となる、ブライダルスタイリストの

 

新規接客力を強化するためには

 

新規接客の為の、具体的な技術や知識が必要となります。

 

 

自社内での教育に限界がでてくれば

 

有効な策となるのが、外部講師による社員教育の利用です。

 

 

今回の記事が、新規接客を契約に繋ぐ為の

 

御社の参考になれば幸いです。

 

 

研修お申込みの場合は、こちらをクリックするとできます。

 

→ 【研修お申込み】

 

 

本日も、お読みいただきありがとうございます。

 

弊社への【お問い合わせ】はこちらからどうぞ。

 

→ team LOVE  info@teamlove.jp

 

 

この記事を読まれた方は、こんな記事も読まれています。

 

【6】「共に同じ迷いをもつ」ブライダルスタイリスト研修の必要性!



 

花嫁ドレス選び!YESマンにならない!のがブライダルのプロです!



 

「ブライダルスタイリストへ贈る」心に響く接客話法100選

| |2019年1月17日
ボンボンヒップ
お問い合わせ先 ブライダルスタイリスト研修 ノウハウ集 ウェディングサポート