ブライダルスタイリスト研修


17 / 17« 先頭...10...1314151617

「階段、ダッシュできますか?」面接にて、必ず確認します。(笑。

それぐらい、ドレスも、打掛も、タキシードも、紋付も、とても重いですよ!!!

 

そして、大切に扱うことも当然です。

 

1点は、大して重いと感じませんけど

1点を、一人が運んでいると、日が暮れます~♪ 仕事になりません~!

 

IMG_0319[1]
 

どの商品も、軽いものもあれば、重いものもあります。選り好みして、運ぶほど、楽な現場ではありませんから!

 

そして、体力は、別のことでも必要になります。

 

ホンの一例です・・・

・売上ノルマがあります。

衣裳を運ぶ、配達もします。(階段を使います)

・クリーニング屋さんと変わらない、メンテナンス作業もあります。

・お一組が、3時間~4時間になる、立ちっぱなし接客もあります。

・一日、4、5本の接客をこなす事もあります。

・土日祝日は、お昼ご飯は・・・ ムリな時が多くあります。

・あってはいけませんが、人間がする事ですから、大きな失敗もあります。

シーズン中の勤務時間は、結構ながいです。     ホンの、ホンの、一部です。

 

 

「体力勝負!」 とは、身体の体力と、心の体力、両方鍛えてください!

 

img_nagare02
いつでも、いつまでも、応援しています!!!

 

 

出会ったお客様(花嫁さん)のために、本物のプロになってください。

じゃないと、出会って下さったお客様に対して失礼です!

 

 

ブライダルスタイリストコーチ

TAKAKO

 

| |2016年5月04日

資質、性質を、辞書で調べると、下記の意味となります。

 

・資質  生まれつきの性質や才能。

・性質  もって生まれた気質。ひととなり。

 

では、「ブライダルスタイリスト」に、必要とされるものは・・・

の、前に、「ブライダル人」に、必要とされる要素は・・・

 

の、前に、これは誰が感じて、答えを出すのでしょうか?

 

業界の、重鎮ですか?有名大学の、教授ですか?

お客様ですっ!!!!!!!   そして、本人(自分自身)です!

 

また、それを問う前に・・・

 

憧れとして、「お二人の、夢を叶えるお手伝いがしたい!」

仕事として、「お二人の、幸せをお手伝いする仕事は、やりがいがある!」

 

IMG_1515[1]
 

「仕事時間が、少々長くても!」「土日の、お休みがなくても!」

「体力には、自信があります!」  ヤル気満タンでの、入社です。

 

それでも、半年たつと、痩せてきます。 または、太ります。

1年たつと、なにかしら、辞める理由を考えはじめます。

 

1年の間に、何があったのでしょうか?

根性が、なかったのでしょうか?辞める理由は、本当でしょうか?

 

ヤル気、希望、憧れ、を継続できなかったのは、本人の責任だけでしょうか?

 

 

雇用する側の責任は、0 ゼロですか?育て、共に学ぶ、仕組みは在ったのでしょうか?

 

社長! あなたの会社に憧れてくれた人財です!

 

「ブライダルスタイリストの資質と性質」の、有無を問う前に、それを見抜き育てるのが、企業の責任だと常々感じます!

 

hanayome_img4
 

ブライダルスタイリストに憧れてくださる皆さま、先ずは、この、三つを、自分で育ててください!

 

・「体力」

・「未来をみる眼力」

・「愛された経験値」   がんばれっ!!!

 

この、三つを育てるのは、あなたの責任です。他の、必要な知識や技術は、どーにでもなります!

 

 

ブライダルスタイリストコーチ

TAKAKO

 

| |2016年5月03日

プロになるためには、とーぜん! 専門技術が必要です!

そして、専門知識も必要です!

 

+++ プラス!

 

基本知識と、基本技術。これら、知識や技術のことを、knowledge(ナレッジ)と言います。

もちろん、基本が先です!興味は、専門知識、専門技術が先でもOK-!

 

現場のスタイリストさんには、先ず!花嫁さんの気持ち体感(体験)が一番です!

 

IMG_1937[1]
 

そして、知識、技術。そして、トレーニング。  くり返し、トレーニング。 更に、トレーニング。

 

継続するかしないかは、あなた次第!

その時間をOK! として、現場にて、トレーニングを実行するかしないかは、企業の体制次第!

 

 

IMG_1936[1]
 

わたしは、教える事と、応援する事をします!知識や技術が、売り上げに繋がる方法を教えます。

あなたの手や足を持って、動かすことはしません!それは、手伝いません。  自分しかできません!

 

ブライダルスタイリストcoachとして、願うのは・・・

ひとりでも多くのスタイリストが、輝くことです!それが、売上にかならず繋がります!

 

ブライダルスタイリストコーチ

TAKAKO

| |2016年5月03日

「お疲れさまですー!!!」

こんな会話から始まる、日常の仕事。その仕事のクオリティーを高めるのが・・・  学び

 

講師として出向いた時、感心することが多々あります!

そのチーム、企業、現場リーダーが、自ら学ばれる姿!そして、だれよりも真剣に!

 

2014-04-29 22.13.18

 

ご新郎様の立ち姿と、歩き方をお伝えしています。流石リーダーです!!!

 

2014-04-29 22.13.42

 

これは、入社、間もないプランナーさんが、和装を着た事がない!

から始まり、経験が一番なので、お打掛を合せていただきました。

 

そして、扇子(末広)の持ち方をお伝えしている場面です。

 

真剣な様子が、わかると思います!

実は、打掛を着た事が、かなり嬉しかった様子でした♪ 憧れていたそうです♪

 

ブライダルのお仕事、忙しくて体力勝負ではありますが、学びながら自らが成長しながら

先輩として、後輩へ、技術の伝承をして頂けたら・・・  嬉しく思います!

 

ブライダルスタイリストコーチ

 TAKAKO

 

| |2015年12月02日
ボンボンヒップ
お問い合わせ先 ブライダルスタイリスト研修 ノウハウ集 ウェディングサポート