賢い花嫁。ウエディングドレス契約のコツ。ドレスサロンの選び方。

【花嫁さまへ】

 

挙式日、挙式場が決まって。いちばん初めにすることは、ドレス選びです。

 

結婚式場指定のドレスサロン。

 

又は、ネットで探したり、資料を見たりしながら、試着予約を入れて行ってみる!

 

きっと、幾つかのお衣裳店へ行かれると思います。

 

最終的に契約!となりますが、その時の見極めのコツを、ひとつだけ書きます。

 

先ずは、予約したドレスサロンでドレスの試着をする。

 

お見積りやシステムを聞いて、どこにしようか?どのドレスにしようか?

 

迷いながら、気持ちが決まったら契約手続き。

 

 

中には、

 

「このドレスサロンの、このドレスにする!」

 

「このブランドの、このドレスにする!」

 

この様に、何の迷いもなく、「一目惚れドレス」へまっしぐらの花嫁さまもいらっしゃいます。

 

ですが少数です。

 

 

ほとんどの花嫁さまが、とても迷われます

 

そんな時、ドレスのデザインや価格、ブランドだけに目が行きがちです。

 

そこで、ほんの少しだけ周りを見てみて下さい。

 

 

その前に・・・

 

 

ドレス選びは、ほとんどの場合、レンタルドレスを選ばれると思います。

 

レンタルドレスは、自分だけのドレスではない

 

ご契約ドレスは、挙式日まで、ドレスサロンで保管(お預かり)します。

 

保管期間には、他の花嫁さまがご試着されることもあります。

 

結婚式へ、貸し出されることも、撮影の為、モデルさんが着ることもあります。

 

レンタルなので当然です。

 

人気ドレスほど、かなり、忙しく動きます

 

その度に、クリーニングメンテナンスをします。

 

それでも、、、。

 

契約した時から、日にちが経てばたつほど、少しずつ少しずつ傷んできます

 

ボリューム感がダウンすることもあります。

 

これは、レンタルですから仕方ないです。

 

そこでコツです!

 

掃除が、行き届いているドレスサロンさんは、ドレスのメンテナンスも徹底的にやっている!」

 

ドレスの状態が、常にとても綺麗です!

 

これは、厳しい目でドレスチェックをする私の見解です。

 

実は、先日お伺いしたドレスサロンさんの、朝のお掃除ぶりにビックリしました。

 

名古屋に在る「貸衣装のマルイチ」さんです。

 

試着スペース
 

1F入口、エントランスホールへ上がる手前、靴を脱ぐ土足の所

 

ココが、美しい白っぽい石で創られていました。

 

そこを、手雑巾、何度も何度も拭きあげていらっしゃいました。

 

一度拭けば、それで綺麗になっている様に思いましたが、何度も拭かれていました。

 

朝から、とても気持ちいい光景を目にしました。

 

2Fのドレスフロアに上がり、ドレスに目をやると・・・

 

やっぱり!綺麗」でした。

 

婚礼衣装に関しては、かなり厳しい目でチェックします!合格点です!

 

 

まとめ:

 

掃除が行き届いた、ドレスサロンさんのドレスは、

 

挙式当日も、間違いなく綺麗な状態で届けられます!

 

ドレスサロンを、沢山見てきた私の声です。

 

役立つ情報として、参考になさって下さい。

 

 

ブライダルスタイリストコーチTAKAKO

 

≪参考サイト≫

 

美しい花嫁。ドレス試着キツくて苦しいは我慢しない事!



 

美しい花嫁。脇の肉が、ドレスの両端からはみ出ない方法があります!





 
 
 
 
 
|2018年9月01日