ブライダルスタイリストの魅力としんどさは体力の有無で決まる!

【ブライダルスタイリストに憧れる皆さまへ】

 

 

先ずは、ありがとうございます!

 

憧れの仕事として、見てくださりとても嬉しいです!

 

 

結果から申し上げますと、かなりきつい仕事です。

 

そして、責任ある仕事です。 そして、やりがいのある仕事です。

 

 

女性が、生涯に一度、「だれよりも綺麗になりたい日」

 

その日の、ドレスを一緒に選ぶのですから、遣り甲斐は山ほどあります。

 


 

「生き生き」と、「活き活き」と、プロとして活躍できる職種でもあります。

 

お洒落に興味があれば、ワクワクドキドキする職種でもあります。

 

何故ならば、毎日毎日、沢山の花嫁衣装に囲まれて過ごしますから。

 

そして、花嫁のトータルスタイリングを任される仕事ですから。

 

 

ですが、しんどいと言われたり、きついと思われてしまう部分もあります。

 

 

隠さず、それの部分を列挙してみます。

 

 

① お休みが少ない。

 

② 土日祝日はお休みが取れない。

 

③ 就業時間が長い。

 

④ お昼ご飯も食べられないほどハード。

 

⑤ 衣裳のメンテナンス作業がある。

 

⑥ 重い衣裳を式場へ配達することもある。

 

⑦ 気が合わないお客様の担当をすることもある。

 

⑧ 売上のノルマがある。

 

 

以上です。

 

思いつくままに書き上げました。

 

どれも、企業によって違います。

 


 

ですが、さほどしんどいことでもありません。

 

ひとつずつ検証してみましょう!

 

 

① お休みが少ない。

 

企業体制にもよりますので、就業規則など企業の中身をキチンと調べて選んでください。

 

② 土日祝日はお休みが取れない。

 

基本、サービス業へ従事するからには、普通の事です。

 

最近は、見直す企業もあります。

 

③ 就業時間が長い。

 

そもそも、二部制の勤務体制が多いです。

 

シーズン中は、残業するようにもなります。

 

有給などを使い、1年間で、バランスを取ると思った方が良いです。

 

④ お昼ご飯も食べられないほどハード。

 

そういう時もあります。ですが、毎日毎日ではありません。

 

お客様に合せるので、食事のタイミングがずれてしまうことはあります。

 

⑤ 衣裳のメンテナンス作業がある。

 

これは、お裁縫をしたり、ドレスの汚れを取ったりします。

 

ある意味、花嫁修業になります。

 

企業によっては、専門家がいたりします。

 

また、外注さんへ出す企業さんもあります。

 

⑥ 重い衣裳を式場へ配達することもある。

 

はい、あります。 体力があれば大丈夫です。

 

シーズン中は、猫の手も借りたいほどの忙しさに成ります。

 

よって、そんな時もあります。 難しいことではありません。

 

⑦ 気が合わないお客様の担当をすることもある。

 

これは、どんな職業でもあります。

 

⑧ 売上のノルマがある。

 

これは、企業によります。

 

どうしても嫌ならば、事前に確認した方がいいです。

 

 

以上です。 あなたの笑顔と体力があれば、全て解決できます!

 

 

それ以上に、お客様からいただく感動の方が常に大きいです。

 

 

そして、最後にお伝えしたい事があります。

 

 

長いブライダル人生を過ごしてきた中で、

 

様々な事情から、この仕事を辞める方々を見てきました。

 

その方々の、辞める理由は、、、

 

「ブライダルの仕事が嫌だから辞めます。」

 

この理由は、一度も、誰からも聞いたことがありません。

 

それぐらい、やりがいのある仕事です。

 

 

この仕事が気になり、

 

この仕事を好きになりかけた、そんな自分の力を信じてみて下さい!

 

 

ブライダルスタイリストコーチ TAKAKO

 

 

≪研修お申込み≫

お問い合わせ / 資料請求



 

≪参考サイト≫

 

ブライダルスタイリストの個性についてしっかりと考えてみました!



 

ブライダルスタイリストさんへの想い。





 
 
 
 
 
|2018年9月26日