3分で花嫁ドレス姿を具現化!ドレスサロン接客技術がここにあります!

【結婚式場支配人様へ】

 

【ドレスサロンオーナー様へ】

 

 

 

「3分で花嫁ドレス姿を具現化!

 

ドレスサロン接客技術がここにあります!」

 

 

 

3分で、花嫁さまの未来像を具現化できなきゃ、

 

スタイリストとしてプロとは言えないです!

 

 

 

1分で、お洋服の上からボディバランスを見ます。

 

1分で、似合うドレスを察知します。

 

1分で、挙式当日の背景をイメージします。

 

 


 

 

その後、お話ししながら、より具体的にイメージします。

 

ご来店から、ヒヤリングをしている状態でここまでイメージします。

 

 

 

その後、現実的な予算なども考慮してカウンセリングを行います。

 

カウンセリングの段階では、花嫁さまの悩みごとを把握している事!

 

 

 

そして、注意点として、

 

 

 

ヒヤリングとカウンセリング時間は、花嫁さまのペースに合わせることです。

 

 

 

ゆっくりが良い方には、ゆっくりと。

 

少し焦っているご様子の時には、その気持ちに合せます。

 

 

ウエディングドレス

ブライダルスタイリストコーチ



 

 

ようは、ドレスを見る前段階の、

 

ヒヤリングやカウンセリングの時間を、勝手に決めない事です。

 

 

 

時間の、決まりをつくる必要はないです。

 

 

 

決まりをつくるから、

 

相手に合せることの大切さを見失ってしまうのです。

 

いつの間にか、

 

いちばん大切な事ができなくなってしまいます。

 

 

 

時間は、誰にとっても大切な限りあるモノです。

 

 

 

だからなおの事、相手の感覚や、

 

相手の心地よさに合せることが必要です。

 

 

 

プロとして、3分で花嫁さまの未来像を察知できさえすれば、

 

花嫁さまのペースに合わせるコトができます。

 

 

 

接客者自身が余裕が無いから、時間区切りをつくってしまっています。

 

 

 

その仕組みを、そのまま続けていくと、

 

相手の心地よい時間間隔を、感じるコトができないようになります。

 

 

 

どうぞ、ブライダルスタイリストとしての、

 

自分自身の能力を上げて、

 

察知するスピード感を鍛えて、

 

花嫁さまや、御相手に合せることが出来る様になってください。

 

 

 

お相手の時間間隔を感じ、

 

理解する能力が身につくと、

 

コミュニケーション能力の質が高まります。

 

 


 

 

ようは、リーダーとしての能力も高くなります。

 

自分の今いるポジションより、

 

上がりたいの方にとっては、必要な能力です。

 

 

 

最後に、

 

 

「3分で花嫁ドレス姿を具現化!

 

ドレスサロン接客技術がここにあります!」

 

 

3分で、具現化するためには、

 

3分の時間間隔を身につけてください。

 

 

先ずは、1分、3分、が大体でもわかるようになってください。

 

一度身につくと、それは生涯の財産になります。

 

 

 

いつも、いつでも応援しています!

 

 

ブライダルスタイリストコーチ TAKAKO

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ブログやSNSでも伝えきれない、

 

具体的な技術や知識を、

 

ご希望の企業様は研修を実施してください。

 

 

お申込みは、こちらをクリックするとできます。

→ 【研修お申込み】

 

 

 

本日もお読みいただきありがとうございます。

 

この記事はお役に立てましたでしょうか?

 

感想コメントなどをいただくととても励みになります。

 

 

 

記事の下にある

 

SNSのボタンをクリックして、あなたの大切な方とシェアしてください。

 

このブログを「お気に入り」に登録しておくと便利に使えます。

 

 

 

弊社への【お問い合わせ】はこちらがいちばん早いです。

→ team LOVE  info@teamlove.jp

 

 

 

この記事を読まれた方は、こんな記事も読まれています。

 

↓ 【よく読まれているブログ】

 

ブライダルスタイリスト「一番ツライこと!」はシーズン中の残業ではない



 

5時間でいつもの仕事が劇的に変化する理由!ブライダルスタイリスト研修



 

花嫁カウンセリング「好きなドレス」が最も似合うドレスとは限らない!



 

 





 
 
 
 
 
|2018年11月17日