これがドレスフィッティング技術の研修制度です。

 

「Dress Dressing technique」 ドレスを、美しく着つけるための技術研修があります。

この様な技術が、どうして必要なのか、先ずはその理由からお伝えします。

 

1.ドレスは、誰かに着せてもらうもの。

2.ボディーを、ドレスシルエットに合せることが必要。

3.日本人女性は、ドレス着用時の所作に慣れていない。

 

この3つの理由から、美しいドレスシルエットが、崩れないための技術が必要です。

 

これは、お着物のお着付けと同じです。

熟練された技術を持つ、着付け師の方がお着付けをされると、<楽・美しい・着崩れない> が出来上がります。

 

ドレスの着付けも同じです。

「Dress Dressing technique」 は、基本編(basic)と応用編(advance)に分けて研修いたします。

 

基本:インナー、パニエ、ドレスの基本着付け

応用:様々なドレスデザインへの対応ができる追加技術

 

研修時間は、基本編・応用編どちらも2時間です。

マンツーマンにてトレーニングする場面がありますので、参加人数により時間延長となります。

 

研修費用は、基本編・応用編どちらも、参加人数に関わらず8万円にてお受けしております。

モニター価格(5万円)もご利用ください。

ドレスフィッテイング研修概要とモニター価格公開しました



 

参加の皆様のお声として、下記のような感想をいただいております。

 

・ドレスを上手にお着せする自信がつきました。

・ドレスフィッティングに技術があるとは思ってもいませんでした。

・着付けを教えてもらったことが無かったです。

・見よう見まねで今までやっていましたが、これで安心して現場でやってみます。

・早く、他の人にも教えたいです。

・目からうろこの事ばかりで驚きました。来てよかったです。

・スグに婚礼の現場がありますから、やってみます。

・難しいお客様と聞いたら、いつも緊張していましたがもう大丈夫な気がします。ありがとうございました。

・モデルになって着せてもらいました。とても楽で苦しくなくてビックリです。

 

ご参加の皆さま、明日からの現場へ活かしてください。

そして、惜しみなく周りの方々へもご伝授下さい。

 

ご活躍、ご発展を心より、願っております!

 

ブライダルスタイリストコーチTAKAKO





 
 
 
 
 
|2018年4月24日