ブライダル知識花嫁のヘッドフラワー。

 

年が明けて、このころ

春挙式の、ご新郎さま、ご新婦さまの具体的なお打合せが

担当プランナーさんと、少しずつ進んでくる頃だと思います。

 

列席人数が決まれば、引出物の決定と発注。

会場装花、クロス、ペーパー類、音響、写真、MC・・・ お料理!

 

決めることがたくさんになってくる頃

衣裳店(ドレスショップ)も、前撮り、リハーサルメイク等の時です。

 

最終の小物合せや、ヘアメイクの打合せ

幼きころからの憧れにも似た、花嫁さまのこだわりと出会いはじめる時です。

 

ヘッドコサージュ。   ヘッドフラワー。

 

 

 

 

さて、このボリューム感ですが・・・  かなり大きいです!

でも、これぐらいは、ご希望される時あります!

 

お花をたくさんつけたい場合、バランスを取る方法があります!

 

 

 

背の高い方、背の低い方、花嫁さまの思いは同じです!

 

少しイメージしてみてください・・・      背が低い方と、背の高い方、

お花自体の大きさや、雰囲気(柔らかさ、繊細さ)を変えると・・・    いかがでしょうか?

アドバイスとしては、つける位置にも注意! これもバランスが大切です!

 

 

プロとして、花嫁さまの美に対する思いは、叶えて差し上げてください!

それがブライダルスタイリストの仕事です!

 

 

注意点:

「ヘッドコサージュ」「ヘッドフラワー」「ヘッド」

色々な言いかたや、呼び方をしますが、花嫁さまが困惑されますので統一してくださいね!

・スタッフ同志

・美容師さん

・ブライダルの情報誌(花嫁さまがよく読まれる情報誌)

この3人は、共有する気持ちが必要です!

 

 

☆ Bridal stylist TAKAKO

 

-----------------------------------

FB 企業ページ https://www.facebook.com/teamLOVE.TAKAKO?ref=hl

FB 個人ページ https://www.facebook.com/takako.kinowaki

HP 研修ページ http://teamlove.jp/lesson/stylist.html

 

※研修の時には、新規接客、小物合せ(スタイリング)の技術研修を、現場に合わせた形で行います。

感覚だけではなく、誰でもが分るナレッジとしてお伝えします。





 
 
 
 
 
|2015年1月17日