ブライダル以外の接客でも使いたくなる!心に響く5つのブライダル言葉はこれです!

【ブライダルスタイリストの皆さまへ】

 

【接客会話へ苦手意識がある方々へ】

 

 

「ブライダル以外の接客でも使いたくなる!

 

心に響く5つのブライダル言葉はこれです!」

 

 

言葉の、大切さをお伝えしたいと思いました。

 

 

ブライダルだからこそ、接客で使う言葉に、

 

心に響く、「言葉の力」が含まれています。

 

 

例えば・・・

 

 

「おめでとうございます」

 

「ありがとうございます」

 

「一生に一度」

 

「お幸せに」

 

「お二人にとって」

 

 

この5つは、とても頻繁に使われるブライダル言葉です。

 

 

ですから、20代のスタッフさんも、60代のスタッフさんも、あたりまえに使います。

 

もちろん、お客様とご一緒する時は、キャリアも関係ありませんので、

 

入社間もないスタッフも、ベテランも、この5つ言葉は普段からよく使います。

 

 

「おめでとうございます」 は、こんな時です。

 

・初めてのご来店時

 

・ご両親にお会いした時

 

・挙式当日

 

・挙式終了後

 

 

「ありがとうございます」 は、こんな時です。

 

・初めてのご来店から、交流が続く限り

 

 

「一生に一度」  は、こんな時です。

 

・初めてのご来店から、会話のところどころにて

 

 

「お幸せに」  は、こんな時です。

 

・挙式当日から、交流が続く限り

 

 

「お二人にとって」  は、こんな時です。

 

・初めてのご来店から、交流が続く限り

 

 


 

 

このような場面にて、当たり前のように使う言葉ばかりです。

 

ブライダル言葉に、「言葉の力」が存在するのは、

 

「心に響くのは」、使う頻度が多いからだけでは無いです。

 

 

これらの言葉を使う場面が、まさにピッタリの場面ばかりだからです。

 

 


 

 

言葉と場面が一致すると、

 

その言葉には、強さが現れ、心に響きやすくなります。

 

 

そして、この「言葉の力」を持つ、

 

ブライダル言葉は、ブライダル以外の場面でも使えます!

 

 

何故ならば、どの言葉も「相手を想う言葉」だからです。

 

幸せの瞬間



 

ぜひ、使い方を考えてみてください。

 

 

「心に響くには!」 「言葉の力とは?」 

 

この2つを、しっかりと考えてみてください。

 

 

追加です!

 

 

ブライダル言葉と合せて、「言葉の力」を、高める方法をもうひとつお伝えします。

 

 

唇から発する「言葉」 = こころで想う「言葉」

 

 

何かを、誰かを、心の中で想う時、その「言葉」を、どうぞ丁寧語で話してみてください。

 

先ずは、日常的に考えていることのひとつひとつから。

 

ようは、ひとり言も丁寧語で話す!です。

 

 

自分に語りかける時も、もちろん!丁寧語でどうぞ!

 

 

日本には、尊敬語、謙譲語、丁寧語と言う、言葉の働きを区分する指標があります。

 

ですが、分かりにくいと感じる方が多くいらっしゃいます。

 

 

もっと!簡単に考えてみてください。

 

 

言葉は、日常です。習慣の中に存在します。

 

お相手を想う、丁寧語が一番良いです。

 

先ずは、ひとり言を丁寧語でどうぞ!

 

 

ブライダルスタイリストコーチTAKAKO

 

 

《研修お申込み》

 

お問い合わせ / 資料請求



 

《よく読まれているサイト》

 

ブライダルの仕事、辞めたくなったら、辞めちゃう前に!ひとつだけやる事がある。



 

ブライダルスタイリストが見てきたブライダル業界を本音で話してみます。





 
 
 
 
 
|2018年10月17日