華やかなドレスフロアで「米を売れ!」と言われた!

組織にてやり残したことが、ひとつだけある。

それは、「米を売れ!」と、言われて「米を売る?!」コトを、結局一度もしなかったことです。

 

マジ!やってみたかった。

 

数字の鬼になっていたころ、チームの売り上げを上げる事だけが生きがいでした。

寝食を忘れるほど、のめり込んでいたので売り上げはどんどん上がりました。

 

ただ、上がってもいつか落ちるコトになります。

その自然の循環を気づかずにいたので、落ちた時にはかなりショックでした。

 

落ちたというよりも、何をやっても、どうあがいても、一定の数字から上がらなくなりました。

そして、抜かされていくので、落ちている状況になりました。凹むと余計に上がりません。

 

朝礼でも、幹部会議でも、部下の目の前でも、日々人格を否定されるほどに叩きのめされます。

尊厳などボロボロでした。心は、常に折れていました。

 

死ぬほど働いていました。一年の360日働いて。でも、死ななかった。

毎日毎日、夜中の12時前後、這いつくばるようにして、自宅の玄関までやっと帰り着く。そんな日々。

 

そんなおり、社長から呼び出され、ポケットには辞表を入れて出向きました。

とても単純に、責任の取り方は、「辞職」だと思いましたから。

 

そして、言われた一言は、、、

 

「あのな。衣裳店が、衣裳で売上を上げれんかったら、米でも売れっ!」

 

(・・・・・????米を売る・・・?どこで?だれが・・・?スタイリストが・・・?)

(これは、もしかして、馬鹿にされたのか?かなり怒っているのか?)とか、思う間もなく、

 

(なるほど!そういうことね!それでは、みんなでお米売りましょう~♪)

考え方の切り替えが、スッとできました。

 

怒られていることなど、感じる間もなく、辞表など完全に忘れてました。

この言葉、「米を売れ!」のおかげで、とてもスッキリしました。

 

その時の、社長の意図は未だ聞いていませんが、

「囚われるな!何やってもイイゾ!思いっきりヤレ!」このように解釈しました。

 

そして、ボチボチでしたが、売り上げが上がり始めました。

ですが、うっかり!「米を売る?!」コトを実行していませんでした。(笑。

 

実母の介護を機に、7年前に退職しましたが、この言葉は、

アイデアが行き詰った時などに、何度も考え方の手助けをしてくれました。

 

そして、「諦めない」ことも教えていただきました。

とても厳しいトップダウンの社長でしたが、こうして育てていただきました。心より感謝申し上げます。

 

いっちょまえに成れたら、ご挨拶に伺います!

 

ブライダルスタイリスト

ブライダルスタイリスト



 

※写真は、ぼやけていますが、この頃のスタッフとの思いでの一コマです。

 

 

team LOVE 木脇孝子





 
 
 
 
 
|2018年3月30日